FXで儲かる仕組み

FXで儲かる仕組みとは?

ここでは、FXがなぜ儲かるのか、その仕組みについて基本から解説。利益を出すために初心者が大切にしたい心構えについてもまとめています。

FXとは?

FXという通称は「Foreign Exchange」に由来し、「外国為替証拠⾦取引」の ことを⾔います。つまり、他の国の通貨を買ったり売ったりしたときに発⽣ する差額によって利益を出すのがFXです。

FXでは、担保(証拠金)として少ない資⾦を預けて、他の国の通貨を"買い、あとで売る"または"売りから入って、あとから買い戻す"ことで利益を出すことができます。

どちらにしても、取引を行うために担保(証拠金)を預けて通貨をFX会社から借りて取引をすると考えればわかりやすいかもしれません。

”買って売る”場合で⾒てみましょう。

例えば、アメリカの通貨1ドルを100円のときに買い、1ドルが120円になった ときに売ると、20円得したことになりますよね。

取引する⾦額が1,000円な ら差額は200円に、10,000円なら2,000円に…という仕組みを利⽤して利益を 出すことが”買って売る”で設ける仕組みで、1万ドル(100万円分)を買った場合、1ドル120円になったところでそれを売り20万円の利益を得ますが、1万ドルを買うために100万円の資金そのものを必要とせず、その一部を証拠金として預けて取引を行います。

次に”売ってから買い戻す”やり⽅です。空売りや売りポジションから⼊る… と呼ばれます。

イメージとしては、1ドル120円のときに1万ドルを取引したい場合、一部の資金を担保(証拠金)に1万ドルを借りてから売り(円に換算すると120万円)、1ドルが100円になったら、売った1万ドルを買い戻します。1万ドル買い戻すのに必要なお⾦は100万円です。買い戻した後でFX会社に1万ドルを返済 しても、20万円は⼿元に残ります。(もちろん預けた証拠金も戻ります。)

その差額で儲けるのが”空売り・売りポ ジションから⼊る”というやり⽅です。

持ってもいないドルを売るという概念が少しわかりづらいかもしれませんが、証拠金として1万ドル分の資金の一部を預けてドルをFX会社から借り取引を行うと考えるとわかりやすいでしょう。

先にお金を担保(証拠金)として預け入れ、預けた資金の何倍もの通貨の取引ができるのがFX「外国為替証拠⾦取引」であり、これが「レバレッジ」をかけたFX取引の特徴の一つとなります。

レバレッジについて

レバレッジとは、テコ(lever)の作用に由来する呼び方で、「必要証拠金」の何倍の取引をしているかを示す倍率のことです。

レバレッジを効かせることにより、少ない資金で大きな取引を行えるのも、FXの大きな魅力になっています。

レバレッジをかけないと

例えば、1ドル=100円から1ドル=120円に変わった場合、単純なレート変動による利益は20円だけです。たとえどんなにレートが上がっても、少額の取引には少額の利益しか見込めません。

レバレッジを活用しよう

FXではレバレッジを利用することで必要証拠金に対し最大25倍の金額の取引を活用することが可能になります(個人の場合)。

10,000円しか持っていないのに、250,000円のモノを買うことが可能になるイメージです。

このようにFX取引は、少ない資金でもその何倍もの金額の取引ができるのが、大きな魅力となっています。

FXではなく外貨の両替で考えた場合、ドル円のレートが1ドル=100円のときに1万ドルの両替をするためには、100万円が必要です。

しかし、FX取引ではレバレッジを利用することで、取引金額の25分の1、つまり4万円の必要証拠金があれば1万ドル(100万円)の取引が可能になります。

レバレッジがあるから間口が広い

資産運用というと、不動産や株式などを持つ一部の人が、高額な資産を投じて運用し、さらに利益を増やすものというイメージがありました。

しかし、FXはスタートときの手持ちが少なくても大きな利益を見込むことができます。

そのため、誰でも始められる資産運用法として、それまで資産運用とは無縁だった一般の方にも広まっていったのです。

FXで儲かる仕組み「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」

ここではキャピタルゲイン、インカムゲインをキーワードに、FXで儲かる仕組みについてもう少し踏み込んで解説します。

キャピタルゲインは差額で儲けること

キャピタルゲインとは資産を売買することで得られる利益のことです。FX取引では、価格変動を利用して儲ける為替差益を指します。

実際のFX取引の例で考えると、1ドル=100円のときに1万ドルを買い、1ドル=110円になったときに売却した場合、10万円の利益が出ます。この10万円の利益がキャピタルゲインです。

これに対して、資産を保有することで得られる利益のことをインカムゲインと言います。

インカムゲインは保有して儲けること

運用して利益を出すキャピタルゲインに対して、インカムゲインは保有し続けることで、継続的な収入を期待できます。身近なインカムゲインの例は、預貯金を預けることで得られる利息や株式で言う配当金ではないでしょうか。

FX取引では、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売ったときに付与されるスワップポイント(金利差調整分)と言われるものがインカムゲインに相当します。また、スワップポイントを利用した取引のことをキャリートレードと言います。

通貨ペアごとに、売りでも買いでも場合によってはスワップポイントがマイナスになるので注意しましょう。

システムが勝手に取引をする自動売買

FX取引はさまざまな業者を通して参加します。そこで提供されているサービスに、自動売買があります。

自動的に外貨の売り買いのタイミングを判断してくれる機能が備わったソフトやプログラムが自動売買システムです。

しかし、そんな方法で本当に利益を出せるのだろうかと疑問を持っている人も多いでしょう。

自動売買は、初心者でも正しく運用すれば効率的に利益を生み出すことが可能です。そこで、初心者でも利益を得るための自動売買システムの特徴についてご紹介します。

自動売買システムの特徴

自動売買システムは、FX取引業者が提供するサービスなどで利用できます。人の手を介さず自動的に取引を行ってくれるのが特徴です。事前にいくつかの条件を設定しておけば、あとは勝手にシステムが判断し、取引を進めてくれます。忙しくてチャートをずっと見守っていられない人でも、取引のタイミングを逃さず、FXができるようになります。

自動売買システムのメリット

感情に左右されがちな人の判断を必要とせず、プログラムが24時間相場状況を監視して、注文を出してくれます。初心者のうちは、焦りや欲などから冷静な判断を失いやすいのですが、自動売買システムに任せておくことで、客観的な投資が可能です。

自動売買システムのデメリット

トレーダーの感情が入らない、時間を有効に使って投資ができるという他にも多くのメリットがある一方で、FXの自動売買にはデメリットもあります。

自動売買はシステム利用のコストが比較的高いことがデメリットの1つです。

また、適切な売買システムを利用するにあたり、自動取引のタイミングをあらかじめ設定する必要があります。それにはある程度のコツやFXの知識が必要です。

知識のないうちは、自動売買システムで利益を上げている人の設定を真似るといいでしょう。

そして、機械的に注文を行うため、予期していなかった急な相場の変動や柔軟な対応が難しいという点にも注意が必要です。定期的に自動売買システムの様子や相場をチェックしましょう。損が出そうなときは手動に切り替える場面もあります。

自動売買には、実際に取引を行っているトレーダーのトレードと同様の取引が行えるものもあります。

一般的に『フォロートレード』と言われるサービスです。このサービスを利用した場合、急な為替相場の変動の対応を、フォローしたトレーダーが行ってくれるので、「知らない間に大損していた」といったような事態が起こりにくいのが特徴です。

急な変動への対応が難しいが、自動売買を利用したい方は、フォロートレードを選ぶと良いでしょう。

まとめ

FXは短い期間で一気に儲けるイメージを持っている方もいるかもしれませんが、長期的な運用を心掛け、コツコツと利益を積み重ねていくことが重要です。

イチかバチかの運任せのギャンブルとは違い、必要な知識を身に付けて正しく運用すれば、結果を出すことができる資産運用法とも言えます。もちろん、相場はいつも安定しているわけではありませんから、短期的に損失が出ることもあるでしょう。しかし、気長に取り組む姿勢が大切です。

FXを何から始めればいいのかわからないという方は、まずはFXについて知識を付けましょう。そして、リスクも見据えたうえで、無理のない額から取引を始めてみてはいかがでしょうか。

自動売買システムのメリットを活かして、時間を有効に使いながらFXの勉強を進めるのがおすすめです。

FXには、必ず儲かるような裏技は存在しません。これさえ使えば絶対に儲かるというツールもありません。コツコツと努力を積み重ね、儲かるための知識や勘を培っていくことが儲けにつながるのです。


新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

手数料について

・取引手数料
当社の取引手数料は無料です。

・報酬等について
① 投資顧問契約による報酬
当社は、投資顧問契約に基づき、macaso口座で取引が行われるたびに、お客様から助言報酬をいただきます。

② 報酬の額
投資助言に係る報酬の額は、すべての通貨ペアにおいて0.9 pips(税込)に取引数量を乗じた金額となります。この投資助言報酬は、店頭外国為替証拠金取引のスプレッドに含まれておりますが、外貨通貨ペアの取引にかかる報酬額は、決済取引時点の当該外貨対円レートにより円貨相当額に換算されます。
マカソムリエに関する注意事項

1. マカソムリエを選択して行う取引について、売買シグナルに従って発注する取引の内容(通貨ペアや数量等)やタイミングによっては、同じマカソムリエで取引を行っても約定時間や約定価格が異なる場合があります。

2. 各マカソムリエはそれぞれ個別に取得した価格で取引を行っており、また、当社は投資助言報酬を取引価格に含めてお客様に提供しているため、マカソムリエの取引履歴に記載された約定価格に比べて本システムでの取引価格は大きく異なる場合があります。

3. 各マカソムリエが個別に行う取引でロスカットが発生した場合においても、それが売買シグナルとして配信され、当該マカソムリエのシグナルに基づいて保有している全てのポジション(他のマカソムリエの売買シグナルによって保有しているポジションは除きます。)が決済されます。

4. マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等で掲載されているデータは、各マカソムリエが行った過去の実際の取引運用成績に基づいたものです。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあり、各マカソムリエのランキングや統計・取引履歴等に掲載されているデータと大きく異なる場合があります。

5. マカソムリエは、提供前に当社及びマカソムリエ提供業者により採用のための審査を行うほか、採用後においても定期的(毎月)に審査し入れ替えを行っており、当該審査の結果、提供を休止、又は廃止することがあります。当該審査でのマカソムリエ採用可否を判断するための項目は、取引回数や取引期間、平均取引時間(取引の頻度)、勝率、最大ドローダウン、最大オープン取引数等になりますが、その他の要因によっても当社及びマカソムリエ提供業者の判断により提供を休止、又は廃止することもあります。

6. マカソムリエによる取引が4週間以上行われなかった場合、当該マカソムリエが一定期間取引されていないことに関しての警告が表示されます。なお、その後も継続して取引が行われない場合は、定期的に行われる審査の結果、当該マカソムリエの提供を休止、又は廃止する場合があります。

7. お客様は、選択したマカソムリエによる自動売買に任せて取引を行うだけでなく、お客様の任意の判断に基づいて決済注文の執行が可能であるほか、売買シグナルによる自動売買を停止させることも可能です。そのため、マカソムリエが決済シグナルを配信したとしても、それに従わずポジションを保有し続けることも可能です。

8. 各マカソムリエの特徴等は、マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等にデータが記載されています。

9.マカソムリエには2種類のタイプがあります。
①「プログラム取引型」:チャートやインジケーターを利用したテクニカル分析等に基づいて売買シグナルを出すマカソムリエです。
②「裁量取引型」:プログラム取引型売買システムでは難しかった各種経済指標発表などに基づくイベントドリブン型の売買や市場急変時にも臨機応変に対応できる可能性のあるマカソムリエです。

注意事項及びリスク開示

・店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。
特に、流動性の低い通貨の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。さらに、スワップポイントについても通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、プラスの場合もあれば、マイナスの場合もあります。

・当社店頭外国為替証拠金取引のお取引手数料は無料です。

・必要証拠金は、『macaso』口座では取引金額の4%相当となります。

・スプレッドは、固定ではございません。相場急変時や指標発表時、市場流動性が低下している時などは、スプレッドが大きく拡大する場合があります。

・成行注文を行う場合にお客様の発注時に取引画面上に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合や指値及び逆指値注文を行う場合に指定した価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があり(スリッページ)、お客様に有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

・『macaso』口座では投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。

・『macaso』口座のマカソムリエにおける取引履歴は、過去における実際の運用成績です。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあります。

・当社による情報サービスは、お客様の投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。

・当サービスは、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身で行ってくださいますようお願いします。

・当社が提供する情報の著作権は、エキサイトワン株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

・お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、お客様ご自身の判断によりお取引くださいますようお願いいたします。
嬉しいです!😄
2
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。