見出し画像

運用実績公開中!マカソムリエ『Legendary Traders』を徹底解説!

こんにちは、macaso FX研究所 編集部です。

先日、新しいマカソムリエとして『Legendary Traders』が追加されました!

このマカソムリエの取引について、特徴や注意点をまとめていきますので、ぜひフォローする際の参考にしてください。

プロトレーダーのシグナルを駆使した中長期スタンスEA!『Legendary Traders』

レジェンダリーアイコン

このマカソムリエの特徴は、UKプロトレーダーのシグナルを利用し中長期スタンスで評価益が出るまでポジションを保有し続ける戦略に基づいて取引が実行されます。マーチンゲール戦略やグリッド戦略は行われないようです。

取引している通貨ペアは主にEUR/USDGBP/USDを中心に売り買いどちらからでも取引を行います。

高勝率高回転のマカソムリエをフォローしたい方にはオススメのマカソムリエです。

UKのプロシグナルとは、外国為替業界で12年以上の経験を持つプロのトレーダーチームであるVorteXz Signalsです。
マーチンゲール戦略とは、トレードの連敗が終わるまで取引金額もしくは取引数量を倍々に増やして取引を行う手法です。トレードの連敗が続く場合は、大きな投資金額が必要となるため注意が必要です。
グリッド戦略とは、為替相場に対して等間隔の値幅でポジションを取る手法です。ポジションが多くなる傾向があり含み損を多く抱えるリスクがあるため注意が必要です。

過去の取引について

レジェンダリー収益曲線

Legendary Tradersの直近3ヶ月の取引では、『最大オープン取引数』が22取引、『必要資金目安』が120,293円となっています。(2020/5/1 11:20現在)

同一通貨ペアで複数のポジションを建てる傾向にあります。

このマカソムリエをフォローすると複数のポジションを保有するため、ドローダウンの拡大を考慮して、予め口座残高に余裕をもってのお取引をご検討ください。

取引通貨ペアはEUR/USD、GBP/USD

レジェンダリー通貨ペア

これまでLegendary Tradersが全期間で取引した通貨ペアは、EUR/USD、GBP/USD、EUR/JPY、USD/CHFなどの通貨ペアです。(2020/5/1 11:20現在)

基本的には、EUR/USD、GBP/USDをメインに取引していますが、時折他の通貨ペアも取引します。ポジションを保有したら評価益が出るまでポジションを保有し続ける傾向が強いため、こまめに口座状況チェックを行い、ポジション毎にご自身で許容ストップ値を設定されることをオススメします。

Legendary Traders』の特徴
・すべての時間帯で取引を行う
・取引通貨ペアはEUR/USD、GBP/USDなど
・同時に複数のポジションを建てるため、一時的にドローダウン拡大やポジションの長期保有の可能性もあり、口座状況に注意が必要です

運用実績について

実際のmacaso(マカソ)上での取引結果を知りたいというお客様の声にお応えしてmacasoデモ口座において1ロット(1,000通貨)で取引を行った結果を公開いたします。この取引における取引制限等の設定は何も行っておりません。(データ抽出期間:2020/4/19-2020/5/2)

1.収益曲線

Legendary Traders収益曲線

2.トレードパフォーマンス

必要資金目安:150,379円(※直近3ヶ月基準の目安です。)

Legendary Tradersトレードパフォーマンス

3.獲得金額【週次】

Legendary Traders獲得金額

4.トレード勝敗【週次】

Legendary Tradersトレード勝敗

5.ROI(投資収益率)【週次】

※ここで示すROI(投資収益率)は5月7日時点の必要資金目安(3ヶ月)を運用資金と想定し以下の式に基づき算出しております。
(ROI = 累積獲得金額 ÷ 必要資金目安)

画像9

6.1取引あたりの最大利益額、最大損失額、平均損失額【週次】

Legendary Traders1取引あたりの最大利益額、最大損失額、平均損失額

※上記結果は将来の取引結果を保証するものではありませんが、実際のマカソムリエ選択の参考にして頂ければ幸いです。みなさんもぜひ、チェックしてみてくださいね!

他にもmacasoには魅力的なマカソムリエがたくさんいます!

エキサイトワンPR

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
大吉
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

新しいマカソムリエを徹底解説
新しいマカソムリエを徹底解説
  • 28本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。