基本

FXを始めるために知っておきたいこと

FX初心者の方へ向けて、初期費用や専門用語、注意したいポイントなどを解説。

はじめてのFX取引を始める前に、知っておくべきポイントをまとめています。

FXはいくらから始められるの? 

FXの取引に必要な資金は取引する通貨ペアや相場の状況によって変動しますが、数千円程度の少額から取引を始めることが可能です。用意できる金額の範囲内で取引するよう心がけましょう。

投資できる金額の目安

投資金額の目安は「失っても生活に何の支障もない金額」です。毎月のお給料から、生活費や食費など、必要経費をひいた余剰金が、FXに回せる金額と考えてください。この余剰金は「余裕資金」とも呼ばれます。

はじめての人は特に、それぞれの生活水準や生活環境に合わせて金額設定を行い、無理のない範囲からスタートするようにしましょう。

ここからは、初歩的なFX用語を紹介します。

取引で使うお金は証拠金と呼ばれる

FXや先物取引などで使用する資金のことを「証拠金」と呼びます。

この証拠金の金額を元に、通貨の取引が行われます。FX業者に預け入れることができる資金が100万円としても、実際にFXの取引に使う資金がそのうちの60万円なら、その60万円が「必要証拠金」です。ちなみに、残りの40万円は「余剰証拠金」と呼ばれます。

なお、実際に取引に使用される金額(必要証拠金)は、保有するポジション数や通貨数量によって変動します。

FXのことを調べていると必ずといっていいほど目にする単語なので、覚えておきましょう。

通貨数量ごとの取引の違い

FX業者によって、取引できる通貨数量を1,000通貨単位としている業者もあれば10,000通貨単位としている業者もあります。

取引単位が10,000通貨単位であった場合、100ドルだけ取引したいといってもできません。取引する額も10,000ドル、20,000ドルというように10,000ドルずつしか増やすことができないのです。

レバレッジとは

レバレッジは、日本語で「てこの原理」とも訳される言葉です。簡単に言えば、投資金額よりも大きな金額でのやり取りが可能なシステムのこと。

FXのレバレッジは、日本の業者の場合は最大25倍まで。例えば、1ドルが110円のときに「USD/JPY」を1000通貨(1000ドル=110,000円)取引する場合に、25倍のレバレッジを設定すると、110,000円の4%が必要証拠金となります。したがって、取引には4,400円が必要ということになります。

このレバレッジを活用し、大きなリターンを得ることが可能になるのですが、損失額も比例して大きくなるので注意が必要です。

通貨ペアとは

通貨ペアとは「USD/JPY(米ドル/円)」のように記載されていて、売買を行う通貨の組合せを指します。

左に書かれている国の通貨を基準とし、もし1ドルが110円の相場であれば、1,000通貨数量で見ると110,000円分の取引をしたということになります。

FX取引の「通貨数量」とは?

取引をする通貨の数量を指しているのが「通貨数量」です。例えば、「USD/JPY」で米ドルを1000ドル取引する場合、通貨数量は1000ドルになります。なお、各FX業者によって最低通貨数量は異なります。

取引を行う前には、各社の通貨単位を必ず確認するようにしましょう。

FXの注意点

FX取引で初心者が失敗をしないためには、無理をしない取引が大切です。ここからは、初心者が特に注意したいポイントをご紹介していきます。

ロスカット

ロスカットとは、FXの取引で一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大しないよう強制的に決済が行われることを指します。ロスカットは、FX利用者の資産を守るために設けられている仕組みです。

FX会社ごとに決められた証拠金維持率を下回ると強制執行されるため、最低限の資金を守ることができます。

証拠金維持率(%)は、「純資産÷必要証拠金×100」で計算され、維持率が何パーセントでロスカットが行われるかは、FX会社によって異なります。

資産を守る仕組みではありますが、急激な相場の変動があると、ロスカットの水準を大きく超えて執行されるケースもあるため注意が必要です。そうなると負債を抱えることになってしまいます。

余裕資金での取引を心掛ける

貯蓄しているお金から、日々の生活に必要な金額を差し引いたのが余裕資金です。余裕資金に限定する理由は、損失が生まれた際の影響を最小限にするため。

著名なFXトレーダーでも、余裕資金での運用を心掛けていると言います。
また、取引が成功すると、ついつい大きな金額を動かしてみたくもなります。しかし、損失も一緒に大きくなってしまう可能性が高まるので、注意しましょう。損が出た場合のリカバリーも考えて取引額を決めるのがポイントです。

短期間で稼ごうとしない

機関投資家、個人投資家を問わず、長期にわたって市場に参加していなければ、利益を出すことはできないと言われています。短期間で見ると損失でも、長期間で見れば利益が出ているケースが多いためだそうです。
為替の値動きには長い歴史があります。データをきちんと分析して傾向を掴むことができれば、勝率は上がっていくでしょう。

トレードのルールを決めておく

FXのトレードは、レートが上がったり下がったりと激しいときがあります。その動きに流されて行動してしまうと、なかなか利益も上がりにくいものです。そこで、自分にあったトレードルールを構築することが大切になります。

エントリーや損切り、利益確定の幅などに、自分自身でルールを設けておきましょう。

FXは感情的になりやすいと知っておく

負けたときのイメージをすることで、どれくらいのリスクまでであれば許容範囲なのかが見えてきます。「この額をかけて、この額で負けたらどうか…」「これくらいまでなら負けても支障はない」というふうに、具体的にイメージすることが大切です。

負の場面をシミュレーションしておくことは、歯止めが利かなくなってしまったときの冷静な判断につながり、リスク回避になります。

まとめ

FXは、少額からでも始めることができる身近な投資です。

ポイントは、自分の余裕資金がいくらか知っておくことと、自分に合った会社を選ぶこと。そして、取引を始めたなら、自分で決めた取引のルールを遵守することです。

FXに興味を持っている方も、これらのポイントをおさえ、無理のない範囲からスタートしてみてください。

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
大吉
2
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。