基本

FXを始めるために知っておきたいこと

FX初心者の方へ向けて、初期費用や専門用語、注意したいポイントなどを解説。

はじめてのFX取引を始める前に、知っておくべきポイントをまとめています。

FXはいくらから始められるの? 

FXの取引に必要な資金は取引する通貨ペアや相場の状況によって変動しますが、数千円程度の少額から取引を始めることが可能です。用意できる金額の範囲内で取引するよう心がけましょう。

投資できる金額の目安

投資金額の目安は「失っても生活に何の支障もない金額」です。毎月のお給料から、生活費や食費など、必要経費をひいた余剰金が、FXに回せる金額と考えてください。この余剰金は「余裕資金」とも呼ばれます。

はじめての人は特に、それぞれの生活水準や生活環境に合わせて金額設定を行い、無理のない範囲からスタートするようにしましょう。

ここからは、初歩的なFX用語を紹介します。

取引で使うお金は証拠金と呼ばれる

FXや先物取引などで使用する資金のことを「証拠金」と呼びます。

この証拠金の金額を元に、通貨の取引が行われます。FX業者に預け入れることができる資金が100万円としても、実際にFXの取引に使う資金がそのうちの60万円なら、その60万円が「必要証拠金」です。ちなみに、残りの40万円は「余剰証拠金」と呼ばれます。

なお、実際に取引に使用される金額(必要証拠金)は、保有するポジション数や通貨数量によって変動します。

FXのことを調べていると必ずといっていいほど目にする単語なので、覚えておきましょう。

通貨数量ごとの取引の違い

FX業者によって、取引できる通貨数量を1,000通貨単位としている業者もあれば10,000通貨単位としている業者もあります。

取引単位が10,000通貨単位であった場合、100ドルだけ取引したいといってもできません。取引する額も10,000ドル、20,000ドルというように10,000ドルずつしか増やすことができないのです。

レバレッジとは

レバレッジは、日本語で「てこの原理」とも訳される言葉です。簡単に言えば、投資金額よりも大きな金額でのやり取りが可能なシステムのこと。

FXのレバレッジは、日本の業者の場合は最大25倍まで。例えば、1ドルが110円のときに「USD/JPY」を1000通貨(1000ドル=110,000円)取引する場合に、25倍のレバレッジを設定すると、110,000円の4%が必要証拠金となります。したがって、取引には4,400円が必要ということになります。

このレバレッジを活用し、大きなリターンを得ることが可能になるのですが、損失額も比例して大きくなるので注意が必要です。

通貨ペアとは

通貨ペアとは「USD/JPY(米ドル/円)」のように記載されていて、売買を行う通貨の組合せを指します。

左に書かれている国の通貨を基準とし、もし1ドルが110円の相場であれば、1,000通貨数量で見ると110,000円分の取引をしたということになります。

FX取引の「通貨数量」とは?

取引をする通貨の数量を指しているのが「通貨数量」です。例えば、「USD/JPY」で米ドルを1000ドル取引する場合、通貨数量は1000ドルになります。なお、各FX業者によって最低通貨数量は異なります。

取引を行う前には、各社の通貨単位を必ず確認するようにしましょう。

FXの注意点

FX取引で初心者が失敗をしないためには、無理をしない取引が大切です。ここからは、初心者が特に注意したいポイントをご紹介していきます。

ロスカット

ロスカットとは、FXの取引で一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大しないよう強制的に決済が行われることを指します。ロスカットは、FX利用者の資産を守るために設けられている仕組みです。

FX会社ごとに決められた証拠金維持率を下回ると強制執行されるため、最低限の資金を守ることができます。

証拠金維持率(%)は、「純資産÷必要証拠金×100」で計算され、維持率が何パーセントでロスカットが行われるかは、FX会社によって異なります。

資産を守る仕組みではありますが、急激な相場の変動があると、ロスカットの水準を大きく超えて執行されるケースもあるため注意が必要です。そうなると負債を抱えることになってしまいます。

余裕資金での取引を心掛ける

貯蓄しているお金から、日々の生活に必要な金額を差し引いたのが余裕資金です。余裕資金に限定する理由は、損失が生まれた際の影響を最小限にするため。

著名なFXトレーダーでも、余裕資金での運用を心掛けていると言います。
また、取引が成功すると、ついつい大きな金額を動かしてみたくもなります。しかし、損失も一緒に大きくなってしまう可能性が高まるので、注意しましょう。損が出た場合のリカバリーも考えて取引額を決めるのがポイントです。

短期間で稼ごうとしない

機関投資家、個人投資家を問わず、長期にわたって市場に参加していなければ、利益を出すことはできないと言われています。短期間で見ると損失でも、長期間で見れば利益が出ているケースが多いためだそうです。
為替の値動きには長い歴史があります。データをきちんと分析して傾向を掴むことができれば、勝率は上がっていくでしょう。

トレードのルールを決めておく

FXのトレードは、レートが上がったり下がったりと激しいときがあります。その動きに流されて行動してしまうと、なかなか利益も上がりにくいものです。そこで、自分にあったトレードルールを構築することが大切になります。

エントリーや損切り、利益確定の幅などに、自分自身でルールを設けておきましょう。

FXは感情的になりやすいと知っておく

負けたときのイメージをすることで、どれくらいのリスクまでであれば許容範囲なのかが見えてきます。「この額をかけて、この額で負けたらどうか…」「これくらいまでなら負けても支障はない」というふうに、具体的にイメージすることが大切です。

負の場面をシミュレーションしておくことは、歯止めが利かなくなってしまったときの冷静な判断につながり、リスク回避になります。

まとめ

FXは、少額からでも始めることができる身近な投資です。

ポイントは、自分の余裕資金がいくらか知っておくことと、自分に合った会社を選ぶこと。そして、取引を始めたなら、自分で決めた取引のルールを遵守することです。

FXに興味を持っている方も、これらのポイントをおさえ、無理のない範囲からスタートしてみてください。

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

手数料について

・取引手数料
当社の取引手数料は無料です。

・報酬等について
① 投資顧問契約による報酬
当社は、投資顧問契約に基づき、macaso口座で取引が行われるたびに、お客様から助言報酬をいただきます。

② 報酬の額
投資助言に係る報酬の額は、すべての通貨ペアにおいて0.9 pips(税込)に取引数量を乗じた金額となります。この投資助言報酬は、店頭外国為替証拠金取引のスプレッドに含まれておりますが、外貨通貨ペアの取引にかかる報酬額は、決済取引時点の当該外貨対円レートにより円貨相当額に換算されます。
マカソムリエに関する注意事項

1. マカソムリエを選択して行う取引について、売買シグナルに従って発注する取引の内容(通貨ペアや数量等)やタイミングによっては、同じマカソムリエで取引を行っても約定時間や約定価格が異なる場合があります。

2. 各マカソムリエはそれぞれ個別に取得した価格で取引を行っており、また、当社は投資助言報酬を取引価格に含めてお客様に提供しているため、マカソムリエの取引履歴に記載された約定価格に比べて本システムでの取引価格は大きく異なる場合があります。

3. 各マカソムリエが個別に行う取引でロスカットが発生した場合においても、それが売買シグナルとして配信され、当該マカソムリエのシグナルに基づいて保有している全てのポジション(他のマカソムリエの売買シグナルによって保有しているポジションは除きます。)が決済されます。

4. マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等で掲載されているデータは、各マカソムリエが行った過去の実際の取引運用成績に基づいたものです。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあり、各マカソムリエのランキングや統計・取引履歴等に掲載されているデータと大きく異なる場合があります。

5. マカソムリエは、提供前に当社及びマカソムリエ提供業者により採用のための審査を行うほか、採用後においても定期的(毎月)に審査し入れ替えを行っており、当該審査の結果、提供を休止、又は廃止することがあります。当該審査でのマカソムリエ採用可否を判断するための項目は、取引回数や取引期間、平均取引時間(取引の頻度)、勝率、最大ドローダウン、最大オープン取引数等になりますが、その他の要因によっても当社及びマカソムリエ提供業者の判断により提供を休止、又は廃止することもあります。

6. マカソムリエによる取引が4週間以上行われなかった場合、当該マカソムリエが一定期間取引されていないことに関しての警告が表示されます。なお、その後も継続して取引が行われない場合は、定期的に行われる審査の結果、当該マカソムリエの提供を休止、又は廃止する場合があります。

7. お客様は、選択したマカソムリエによる自動売買に任せて取引を行うだけでなく、お客様の任意の判断に基づいて決済注文の執行が可能であるほか、売買シグナルによる自動売買を停止させることも可能です。そのため、マカソムリエが決済シグナルを配信したとしても、それに従わずポジションを保有し続けることも可能です。

8. 各マカソムリエの特徴等は、マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等にデータが記載されています。

9.マカソムリエには2種類のタイプがあります。
①「プログラム取引型」:チャートやインジケーターを利用したテクニカル分析等に基づいて売買シグナルを出すマカソムリエです。
②「裁量取引型」:プログラム取引型売買システムでは難しかった各種経済指標発表などに基づくイベントドリブン型の売買や市場急変時にも臨機応変に対応できる可能性のあるマカソムリエです。

注意事項及びリスク開示

・店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。
特に、流動性の低い通貨の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。さらに、スワップポイントについても通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、プラスの場合もあれば、マイナスの場合もあります。

・当社店頭外国為替証拠金取引のお取引手数料は無料です。

・必要証拠金は、『macaso』口座では取引金額の4%相当となります。

・スプレッドは、固定ではございません。相場急変時や指標発表時、市場流動性が低下している時などは、スプレッドが大きく拡大する場合があります。

・成行注文を行う場合にお客様の発注時に取引画面上に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合や指値及び逆指値注文を行う場合に指定した価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があり(スリッページ)、お客様に有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

・『macaso』口座では投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。

・『macaso』口座のマカソムリエにおける取引履歴は、過去における実際の運用成績です。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあります。

・当社による情報サービスは、お客様の投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。

・当サービスは、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身で行ってくださいますようお願いします。

・当社が提供する情報の著作権は、エキサイトワン株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

・お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、お客様ご自身の判断によりお取引くださいますようお願いいたします。
大吉
2
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。