シストレと裁量トレードのメリットとデメリット

シストレと裁量トレードのメリットとデメリット

これからFXを始めるにあたり、機械的にトレードを行うシステムトレード(以下シストレ)と自らの意思でトレードする裁量トレードのどちらを選ぶか悩む方も多いでしょう。

フォロートレードを採用しているmacasoは、前者のシステムトレードが行えるサービス。ですが、自分の裁量でトレードができる機能も備わっています。

ここでは、シストレと裁量トレードの違いについて解説。両方のメリットとデメリットを知ってmacasoを利用すれば、より楽しくFXに取り組めますよ。

シストレと裁量トレードの違い

FXのトレード手法であるシストレと裁量トレードの違いは、トレードを行う際に自分の判断が介在するかそうでないかという点にあります。

シストレとは、事前に設定されたトレードのルールに沿って自動的に売買を行う投資方法。そこに自分の感情は一切介在しません。その一方で裁量トレードとは、トレーダー自身が自らの判断で売買を行うトレード方法です。

それぞれのメリットとデメリット

シストレと裁量トレードそれぞれに特徴があり、長年FXに取り組んでいるトレーダーの中でもいずれを採用するのかは意見が分かれます。ここではシストレと裁量トレードのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

・シストレのメリットとデメリット

ここではシストレのメリットとデメリットを紹介します。まずは、メリットから見ていきましょう。

・メンタルへの負担が少ない

ここまで上がったら売る、ここまで下がったら買う…などといった売買のルールにそって取引が行われるため、「もっと稼げるかもしれない」「損を取り戻せるかもしれない」といった感情を持つ必要がありません。感情に振り回されることなくトレードできるので、メンタル面の負担が軽減されます。

・時間が無くてもFX取引が可能

プログラムが自動的に売買を行ってくれるため、トレードの時間を確保できない人でもFXができます。

・システムに沿って戦略的にトレードできる

チャートをずっと見ている必要がなく、それでいて決められたルールに乗っ取って取引できるため、戦略的にトレードを行いやすくなっています。

・比較的、FXの知識が少ない段階から始められる

初心者のうちは、戦略を立てられるほどの知識や経験が不足しています。シストレは、腕利きのトレーダーが自らのロジックにそってプログラムを組んでいることが多いので、初心者のうちから戦略的なトレードが可能です。

シストレの具体的なデメリットは以下の通りです。

・シストレを利用する場合はコストがかかる

シストレには、システムを購入して自身のPCで動かして取引を行うタイプとシステムから売買シグナルを受けて取引を行うものがあり、システムを購入する場合はシステム購入費が必要ですし、売買シグナルを受けて取引を行う場合は、購入費がかからない代わりに取引毎に手数料(助言報酬料)がかかります。そのため、裁量トレードに比べて費用がかかります。

macasoのようなストラテジーを選択して利用する選択型シストレのFXサービスを利用する場合は、システムを購入しないので初期投資は発生しませんが、取引毎にコストがかかることになります。

・システム任せになるのでスキルが伸びにくい

ストラテジーが判断して売買してくれるため、トレードのスキルが伸びにくくなる懸念があります。投資判断をシステム任せにするのではなく、売買のルールと相場を見比べてみたり、基本の知識を学んだりして、よりよいトレードができるようになるのが理想です。

比較的知識が浅い初心者がFXを始める場合、シストレは取り組みやすい方法だと言えるでしょう。

裁量トレードのメリットとデメリット

ここでは裁量トレードのメリットとデメリットを紹介します。裁量トレードの具体的なメリットは以下の通りです。

・分析スキルが身に付く

市場や為替相場のトレンドを加味して取引する必要があるため、おのずと分析スキルがつきます。

・やりたいスタイル、通貨ペアなどで自由に取引できる

トレードスタイルや取引したい通貨ペアを自由に選択できるのが、裁量トレードの強みです。シストレの場合、希望するトレードスタイルや通貨ペアに合ったストラテジーがあるかは、探してみないとわかりません。無い場合は自作という手もありますが、プログラミングの知識が必要になります。

・低コストで始められる

FX口座を開設すれば取引が始められます。口座開設は無料となっているFX会社が多いため、初期費用がほとんどかかりません。

裁量トレードの具体的なデメリットは以下の通りです。

・感情的なトレードになってしまった場合、利益を逃す可能性がある

勝ちが続くと、つい調子に乗ってポジションやロット数を増やしてしまいたくなります。逆に、負けが続くと取り返そうとヤケになって、損切りできずに含み損が膨らんでしまうことも。裁量トレードのいちばんの敵は、そんな自分の「感情」です。感情的なトレードは利益を逃すことにつながります。

・チャートをずっと見ていなくてはいけないので時間が取れない人には向いていない

トレードスタイルや注文方法にもよりますが、買い時や売り時、決済のタイミングを逃さないためにチャートを見ていなくてはいけない場合があります。特に初心者のうちは、チャートから目が離せなくなりがちです。FXのための時間がなかなか取れない人は、裁量トレードにいきなり挑戦するのは難しいかもしれません。

裁量トレードはシストレと比較して自由にトレードができる反面、感情が入りやすいため場合によっては大きな損失につながる危険性があると言えるでしょう。FXになれていないうちは、シストレに比べてリスクが高いかもしれません。

どんな人が向いている?

ここでは、シストレと裁量トレードのそれぞれに向いているタイプについて紹介します。

シストレが向いているのは初級者タイプ

シストレは、FXトレードの初心者や比較的経験が浅い方、あるいは普段から忙しくてまとまった時間をトレードにかけることができない方が向いていると言えます。専門的な知識が無くてもシステムが自動でエントリーから決済まで行ってくれるため、知識やスキル、時間といった不足している部分を補ってくれます。

裁量トレードが向いているのは中級者以上

裁量トレードは、FXに関する一定の知識を身に付けた中級者〜上級者の方、チャートを長時間観察できる時間的な余裕がある方に向いていると言えます。

裁量トレードは自分の判断でトレードを行うため、感情に流されると負けるリスクがある反面、しっかりと相場の動きを読むことができれば大きな利益を手にすることが可能です。

感情が入らない分シストレのほうが儲けやすい

シストレには、コストやスキルアップ面でデメリットがあるのは確かです。しかし、裁量トレードのデメリットである「感情が介在するトレード」は、FXにおいてもっとも気を付けたいポイントと言われているほど。感情が入らず、システムに沿って戦略通りにトレードができることから、シストレのほうがリスクが小さいと言えるかもしれません。

ただし、100%安全とは言い切れませんので、ストラテジーに任せつつFXの知識を付けるのがポイントです。

選択型シストレのmacasoでFXにチャレンジ

FX初心者の方がこれからシストレを行うなら、厳選されたトレーダーやロボットの投資判断を活用できる選択型シストレ「macaso」を利用してみませんか。macasoのサービスにはストラテジー(マカソムリエ)も含まれているので、システム代やストラテジー代はかかりません。シストレのデメリットの1つがクリアできます。

自分のトレードスタイルや利用したい通貨ペアなどに合わせて、マカソムリエを選択。売買の判断はマカソムリエが行ってくれるため、初心者の方や時間が無い方でもFXができます。トレードの判断を任せられるので、メンタルの負担も少なくて済みますよ。

まずは、デモ口座を開設して、macasoのフォロートレードを体感してみてください。リアルトレードと同様の取引を体験できます。

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
嬉しいです!😄
1
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。