見出しを追加__4_

本取引前にやっておくべきはFXデモトレード!

FXを始めたいけれど、いきなりトレードするのは怖いと思う方も多いでしょう。そこで、トレードの練習ができるデモトレードがおすすめです。

実際のお金を使うわけではないため、損失もなくノーリスクでFXトレードが体験可能。今回は、FXデモトレードのメリット・デメリットや押さえておきたいポイントについてご紹介していきます。

FXデモトレードとは?特徴やメリット・デメリットを紹介

FXのデモトレードとは、FX会社が無料で提供しているトレードの練習ツールのことです。macasoでは、デモ口座を開設することで、デモトレードが始められます。

デモトレードに使用するお金は、仮想の資金。たとえ大きく負けても実際のお金は減らないため、投資経験がなく初めてFXを始める人におすすめのサービスです。

さらに、さまざまなトレード手法や自動売買プログラムを試すのにも、便利なツールでしょう。こちらで紹介しているFXデモトレードのメリットやデメリットを踏まえて、実際のFXトレードに役立てましょう。

デモトレードのメリット

FXトレードをしたことがない人にとって、デモトレードは実際の取引を体験できるという大きなメリットがあります。売買を行う取引ツールは、慣れるまでなかなか使い方が分からず、戸惑うことも多いでしょう。デモトレードでは、取引ツールの使い方や画面の操作方法なども試せるため、本番トレードさながらの練習が可能です。

また、FXトレードでいちばん心配なポイントが、損失を出してしまうこと。しかし、仮想のお金で取引をするため、たとえ大きな損失を出してしまっても問題ありません。実際のお金を使わないため、どんなにリスクのあるトレード手法でも、どんどん試すことができます。

使用してみたい自動売買プログラムの運用パフォーマンスの確認ができるのも大きなメリット。FX初心者だけではなく、新しいトレード手法の研究や検証を行いたい人にもデモトレードはおすすめです。

デモトレードのデメリット

デモトレードは、実際のお金を使用しないため、本番のトレードと比較して、緊張感がなくなる場合があります。適当なタイミングで売買したり、取引数量を適当に決めてしまったり…といった具合です。デモ口座で雑なトレードをしてしまうと、結局FXトレードの練習にはなりません。デモトレードでも緊張感を持って取引しましょう。

また、損失を気にしないデモトレードでは、高レバレッジをかけて取引をしてしまいがち。高レバレッジで一度大きく勝ってしまうと、FXは簡単だと勘違いをしてしまい、本番でもリスクのあるトレードをしてしまうケースがあります。いくらデモトレードで利益が出せても、本番のトレードでも同じようにうまくいくと思わないことが大切です。

FX会社の中には、デモトレードの際に、スリッページが発生しないことがあります。スリッページとは、注文と約定価格の差のこと。値動きが激しい相場の場合、注文した価格と約定価格が異なるケースがあります。スリッページが発生しない設定になっているデモ口座を利用する時は、注意しましょう。本番ではスリッページが起きて思わぬ損失が出ることもあるためです。
macasoでは、本番口座同様にスリッページが発生します。そのため、よりリアルなトレードが可能です。 

FXデモトレードを始める時に押さえておくべきポイント

FXのデモトレードを始める前に、いくつか注意しておくポイントがあります。

まず、使用できる機能についてです。

FX業者によっては、デモトレードで使える機能に制限があるケースがあります。本番の練習として使うデモトレードですから、なるべく本番と同じ環境でトレードするのが理想です。デモ口座を開く前に、本番と同じ機能が使用できるか確認するとよいでしょう。また、さまざまな注文方法も試してみて、本番のシミュレーションをすることが大切です。

次に、無期限で使用できるかどうかです。

デモ口座の中には、使用期限が定められている場合があります。例えば、1カ月の期限付きで、その後も継続する場合は、再登録が必要となるケースです。長期トレードの練習をしたい人にとって、短期間で何度も再登録を求められるのは手間になるでしょう。そこで、じっくりトレードの練習をしたいのであれば、無期限で使用できるデモ口座がおすすめです。

さらに、アプリの操作性も確認しておくとよいでしょう。画面の配置や取引のしやすさ、チャート画面の切り替えなど、使いやすいかどうかをチェック。出先でチャートの確認をする場面も多いため、いつでもどこでも取引可能なスマホアプリの操作性は思っている以上に重要です。

デモトレードを実際に行うには

ここでは、デモトレードを行うための方法についてご紹介していきます。

サイトでデモ口座を開設

FX業者のサイトでデモ口座を開設する方法です。

まずは、FX会社を選びましょう。あくまでデモ口座なので、資産状況や本人確認書類などの証明書は必要ありません。多くの場合、メールアドレスとパスワードのみで口座を開設できます。

デモトレードを行うには、2通りの方法を選べることがあります。トレードツールをパソコンにダウンロードするかWEB版で使用するかです。トレードツールのダウンロードは、パソコンに負荷がかかることもありますが、すぐに使用できます。

WEB版は、ダウンロードの手間がないですが使用できる機能に制限が設けられていることもあるため、どちらが自分に適しているのかで選びましょう。macasoの場合は、機能に制限はなく、本番環境と同様のトレードが可能です。

トレードツールの準備が整ったら、デモトレードを開始できます。

デモ取引ができるアプリを使う

デモ取引をスマホアプリで行ってみるのもおすすめです。外出先やちょっとした隙間時間にチャートチェックができるため、FXトレードアプリは大変便利なツールです。

使い方は簡単で、スマホにアプリをダウンロードするだけで使用できます。しかし、アプリに対応していないFX会社もあるため、事前に確認しましょう。

FXデモトレードのQ&A

Q:デモ口座を開設する際には、本人確認が必要ですか?
A:ほとんどの会社のデモ口座では、メールアドレスを登録することで利用可能です。
Q:デモ口座開設とデモ取引に費用はかかりますか?
A:無料で口座を開設できます。また、取引は仮想の 資金で行うため、費用はかかりません。
Q:デモ口座でもアプリの使用はできますか?
A:使用可能な場合がほとんどです。
Q:本番口座とデモ口座の取引環境は異なりますか?
A:基本的には、通常の口座と同じ環境で取引できるケースが多いようです。

デモトレードで予習して本番トレードに役立てよう

初めてFXを始めるのであれば、トレード経験を少しでも積むために、まずデモ口座を開設してみるのがおすすめ。デモトレードでは、実際のお金は減らないため、さまざまな手法を思い切って試すことができます。

特にシステムトレードの場合、実際に使用してみて運用パフォーマンスを試したい方も多いでしょう。豊富な売買プログラム(マカソムリエ)で人気のあるmacasoにも、無料のデモ口座があります。メールアドレスの登録だけで簡単に開設でき、本番の取引と同じ環境でトレードが可能です。

macasoでは、厳選された優秀なトレーダーであるマカソムリエの中から気になるマカソムリエをデモトレードでフ ォローすることで、 実際に取引する前にそのパフォーマンスを確認することができます。デモ口座で気になるマカソムリエを次々にフォローし、自分に合ったマカソムリエを見つけ、本番でフォローすると良いでしょう。

マカソムリエがあなたに代わってトレードの判断をしてくれるので、初心者はもちろんですが、いろいろな手法を知りたい方にもおすすめ。これからデモ口座の開設を検討している方は、ぜひmacasoで開設してみましょう。

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
涙で明日が見えません😭✨
1
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。