見出し画像

運用実績公開中!マカソムリエ『Finely P EURJPY』を徹底解説!

こんにちは、macaso FX研究所 編集部です。

先日、新しいマカソムリエとして『Finely P EURJPY』が追加されました!

このマカソムリエの取引について、特徴や注意点をまとめていきますので、ぜひフォローする際の参考にしてください。

デイトレ順張りEA!『Finely P EURJPY』

画像1

このマカソムリエの特徴は、1時間足チャートを使用して、トレンドフォロー(順張り)戦略で取引を行います。

取引している通貨ペアはEUR/JPYのみで、売り買いどちらからでも取引を行います。

トレンドフォロー(順張り)戦略で、デイトレードを行うマカソムリエをフォローしたい方にはオススメのマカソムリエです。

過去の取引について

画像2

Finely P EURJPYの直近3ヶ月の取引では、『最大オープン取引数』が1取引、『必要資金目安』が5,164円となっています。

エントリーは複数のテクニカル分析を重ねてトレンド発生を認識してポジションをとり、決済は発注時に逆指値(ストップ)を入れ、有利な方向へ価格が傾く毎にトレール注文で逆指値を有利な方向へずらして利益の幅を伸ばす戦略です。

トレール注文とは?
取引している通貨の値動きに合わせて、ストップの価格を変動させる注文方法。
例えば買いポジションを保有している場合、価格の上昇に合わせてストップの価格を上昇させることで、上昇トレンドが続く間は利益を追い続けることが出来ると同時に、仮に相場が反転して下降した場合でも、追従してきたストップの価格で利益を確定することが出来るようになります。

また、ポジション決済においては、テクニカル分析での損切りまたは利益確定をすることもあるようです。

同時に保有するポジション数が1取引のため、このマカソムリエをフォローする際には、ロット数を大きく設定しないように注意してお取引をご検討くださいね。

取引通貨ペアはEUR/JPYのみ

画像3

これまでFinely P EURJPYが全期間で取引した通貨ペアは、EUR/JPYのみです。

取引する通貨ペアが1種類であり、Finely P EURJPYをフォローしたあとの相場の動きをチェックするのはEUR/JPYだけですので、初心者にとっても分かりやすいですね。

Finely P EURJPY』の特徴
・トレンドフォロー(順張り)、デイトレードで取引を行う
・取引通貨ペアはEUR/JPYのみ
・エントリーは複数のテクニカル分析を重ねてトレンド発生を認識してポジションをとり、決済は発注時に逆指値(ストップ)を入れ、有利な方向へ価格が傾く毎にトレール注文で逆指値を有利な方向へずらして利益の幅を伸ばす戦略です。
・また、ポジション決済においては、テクニカル分析での損切りまたは利益確定をすることもある

画像4

Finely P EURJPY』の開発者プロフィール:
FX投資歴 15年以上

運用実績について

実際のmacaso(マカソ)上での取引結果を知りたいというお客様の声にお応えしてmacasoデモ口座において1ロット(1,000通貨)で取引を行った結果を公開いたします。この取引における取引制限等の設定は何も行っておりません。(データ抽出期間:2020/4/5-2020/4/25)

1.収益曲線

Finely P EURJPY収益曲線

2.トレードパフォーマンス

必要資金目安:5,127円(※直近3ヶ月基準の目安です。)

Finely P EURJPYトレードパフォーマンス

3.獲得金額【週次】

Finely P EURJPY獲得金額

4.トレード勝敗【週次】

Finely P EURJPYトレード勝敗

5.ROI(投資収益率)【週次】

※ここで示すROI(投資収益率)は4月30日時点の必要資金目安(3ヶ月)を運用資金と想定し以下の式に基づき算出しております。
(ROI = 累積獲得金額 ÷ 必要資金目安)

画像10

6.1取引あたりの最大利益額、最大損失額、平均損失額【週次】

Finely P EURJPY1取引あたりの最大利益額、最大損失額、平均損失額

※上記結果は将来の取引結果を保証するものではありませんが、実際のマカソムリエ選択の参考にして頂ければ幸いです。みなさんもぜひ、チェックしてみてくださいね!

関連記事

FXのプロで老舗FXスクール「WIN-INVEST」で数々のセミナーに登壇をしてくださっている斎藤トモラニさんも本記事で解説した「Finely P EURJPY」について解説をしてくださっています。合わせてご覧ください!

他にもmacasoには魅力的なマカソムリエがたくさんいます!

新規顧客向けバナー

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください

この記事が参加している募集

私のイチオシ

感激です!😆
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

macasoを学ぶ
macasoを学ぶ
  • 90本

macaso(マカソ)に関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。