見出し画像

運用実績公開中!マカソムリエ『RECOBA Triple Swing M5』を徹底解説!

こんにちは、macaso FX研究所 編集部です。

先日、新しいマカソムリエとして『RECOBA Triple Swing M5』が追加されました!

このマカソムリエの取引について、特徴や注意点をまとめていきますので、ぜひフォローする際の参考にしてください。

3通貨ペア完全同一ロジックEA!『RECOBA Triple Swing M5』

画像1

このマカソムリエの特徴は、期待利得、期待値が高い売買を機械的に仕掛け続けることで利益を生み出すという為替真理に基づいたロジックで、9:30~11:00の間でエントリーして取引を行う。

取引している通貨ペアはGBPJPYAUD/JPYEUR/JPYで、売り買いどちらからでも取引を行います。

同じロジックで、特定の通貨ペア(GBPJPYAUD/JPYEUR/JPY)の取引を行うマカソムリエをフォローしたい方にはオススメのマカソムリエです。

過去の取引について

画像2

RECOBA Triple Swing M5の直近3ヶ月の取引では、『最大オープン取引数』が2取引、『必要資金目安』が10,852円となっています。

エントリー後、思惑通りに動けば妥協せず利益を追及し、読み違えたと判断した際には出来る限り小さく損切りを行う戦略のようです。

同時に保有するポジション数が最大3取引のため、このマカソムリエをフォローする際には、ロット数を大きく設定しないように注意してお取引をご検討くださいね。

取引通貨ペアはGBP/USD、EUR/USD

画像3

これまでRECOBA Triple Swing M5が全期間で取引した通貨ペアは、GBP/JPYAUD/JPYEUR/JPYのみです。

取引する通貨ペアが少ないため、RECOBA Triple Swing M5をフォローしたあとの相場の動きをチェックするのはGBP/JPYAUD/JPYEUR/JPYだけですので、初心者にとっても分かりやすいですね。

RECOBA Triple Swing M5』の特徴
・期待利得、期待値が高い売買を機械的に仕掛け続けることで利益を生み出すという為替真理に基づいたロジックで、9:30~11:00の間でエントリーして取引を行う
・取引通貨ペアはGBP/JPYAUD/JPYEUR/JPYのみ
デイトレードからスイングトレードで取引を行う
・エントリー後、思惑通りに動けば妥協せず利益を追及し、読み違えたと判断した際には出来る限り小さく損切りを行う

画像4

RECOBA Triple Swing M5の開発者(Forex TAMさん)プロフィール:
現役裁量・EAトレーダー、2019年より裁量取引で稼げている手法を自身の運用のためにEA化して検証を行っている。リアル運用で成績が伴い手法の再現を確認出来たものを提供している。

運用実績について

実際のmacaso(マカソ)上での取引結果を知りたいというお客様の声にお応えしてmacasoデモ口座において1ロット(1,000通貨)で取引を行った結果を公開いたします。この取引における取引制限等の設定は何も行っておりません。(データ抽出期間:2020/4/5-2020/5/2)

1.収益曲線

RECOBA Triple Swing M5収益曲線

2.トレードパフォーマンス

必要資金目安:13,089円(※直近3ヶ月基準の目安です。)

RECOBA Triple Swing M5トレードパフォーマンス

3.獲得金額【週次】

RECOBA Triple Swing M5獲得金額

4.トレード勝敗【週次】

RECOBA Triple Swing M5勝ちトレードと負けトレード

5.ROI(投資収益率)【週次】

※ここで示すROI(投資収益率)は5月7日時点の必要資金目安(3ヶ月)を運用資金と想定し以下の式に基づき算出しております。
(ROI = 累積獲得金額 ÷ 必要資金目安)

画像9

6.1取引あたりの最大利益額、最大損失額、平均損失額【週次】

RECOBA Triple Swing M51取引あたりの最大利益額、最大損失額、平均損失額

※上記結果は将来の取引結果を保証するものではありませんが、実際のマカソムリエ選択の参考にして頂ければ幸いです。みなさんもぜひ、チェックしてみてくださいね!

他にもmacasoには魅力的なマカソムリエがたくさんいます!

新規顧客向けバナー

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
大吉
1
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

新しいマカソムリエを徹底解説
新しいマカソムリエを徹底解説
  • 28本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。