見出しを追加

シストレを始める前に読んで知っておきたいストラテジーの選び方

システムトレードで重要なのが、ストラテジー選びです。

ストラテジーとは、売買プログラムのことで、どのタイミングで売買するのかを決めて実施するものを指します。ストラテジーには、得意・不得意な相場があり、正しいストラテジーを選べないと利益を出すのは難しいと言われています。

しかし、世界には膨大な種類のストラテジーが存在するため、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、勝てるストラテジーの選び方や機能、使い方についてご紹介していきます。これからシストレを始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

シストレのストラテジーはどう選ぶべき?

ストラテジーを選ぶ際にもっとも重要なことは、「相場に合っているかどうか」です。

ストラテジーには、大きく分けてトレンド系とレンジ系があります。どんなに収益を出せているストラテジーでも、トレンド系ストラテジーをレンジ相場で使うと利益はなかなか出ません。その逆も然りです。そのため、自分が取引したい相場の傾向をきちんと把握し、最適なストラテジーを選ぶことがポイントとなっています。

勝てるストラテジーの選び方は?

初心者のうちはランキング上位のものを選ぶ

ストラテジー選びで重要なことは、それぞれの特徴や累積損益を確認し、自分に合いそうなストラテジーを選ぶこと。しかし、ストラテジー選びの条件がまだきちんと定まっていない初心者は、膨大なストラテジーから一つひとつを吟味して調べることが難しいと思います。

そこで最初のうちは、各社のストラテジーランキングの上位から選ぶのが無難です。

取引回数や利益と損失の割合をチェック

FX取引では、損失を最小限に抑え最大限の利益を出す「損小利大」の実現が重要とされています。

取引回数が多いストラテジーは、短期スパンで小さい利益を出すタイプが多いのが特徴。平均利益と平均損失の割合が1を下回っている場合、利益が小さく損失が大きいと言えます。小さな利益をコツコツ積み重ねていても、いつか大きな損失を出すリスクが高いため、避けるのが無難でしょう。

損切りが適切かを見る

損切りは、FXで勝つために重要なテクニック。損切りが適切にできないトレーダーは、FXで勝てないと言われるほどです。

そのため、損切りが適切かどうかはストラテジーを選ぶうえでも注目すべきポイント。判断するには、取引履歴を見てみましょう。もし、最大保有ポジションと連続損切り数が同じだったり、それ以上損切りが続いていたりする場合、損切りが適切にできていないと判断できます。

このように損切りが続いているストラテジーは、ナンピンがトレードルールとして組み込まれている可能性があります。ナンピンは使いこなすのが難しく、初心者は避けるべきとFX入門書でも紹介されている手法です。極端に損切りが多く、成績があまり良くないストラテジーは要注意です。

損益曲線が右肩上がりのものを選ぶ

ストラテジーを選ぶ際には、損益曲線を見るのがいちばん分かりやすいかもしれません。損益曲線が右肩上がりで損益pipsがプラスになっているストラテジーがおすすめです。

損益曲線が0以上で右肩上がりの場合、現時点までは安定して利益を出していると判断できます。逆に0以上や以下を何度も繰り返している場合、不安定なストラテジーである可能性が高いです。

【おさらい】ストラテジーの機能や使い方

ストラテジー選びは、FXで勝つために大変重要な要素。ここでは、そんなストラテジーの機能や使い方など、基本的なことを改めておさらいしていきましょう。

ストラテジーとは

ストラテジーの本来の英語の意味は、「戦略、作戦、計画」です。しかし、FX用語では、主にシステムトレードで売買のタイミングを決める売買プログラムのことを指します。

シストレは決められた条件に従って自動的にトレードしていくため、チャートチェックが頻繁にできない人や売買のタイミングを判断するのが難しい初心者に人気があります。

ストラテジーはどのくらいのポジションを持つものなの?

ストラテジーには、それぞれ最大ポジション数が決められています。最大ポジションが4の場合、同時に4つまでポジションの保有が可能です。例えば、1ポジションの取引額を1万通貨に設定し、4ポジション保有すると最大4万通貨まで保有できます。上限の4ポジションまで保有した場合、新規のシグナルを受けても取引しないため、それ以上ポジションが増えることはありません。

ストラテジーのタイプや通貨ペアは分散させるほうが無難

少しでもリスクを減らすために重要なことは、ストラテジーを複数組み合わせて運用し、通貨ペアを分散させることです。

ひとつのストラテジーのみを運用していると、為替相場の急変動に対応できません。その結果、損切りを連発して大きな損失が出てしまう可能性が高まります。幅広い相場に対応するためにも、上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場に適したストラテジーを3つほど組み合わせてみると良いでしょう。

同様に通貨ペアも分散させることで、ひとつの通貨で損失が出ても他の通貨で利益を出せる可能性があります。FX取引においてリスクを抑えることは、重要なポイントです。

60以上ものストラテジーから選べるシストレ「macaso」なら…

世界中の3万以上のトレーダーから厳選されたトレーダー「マカソムリエ」をフォローして、FX取引の判断を任せられる「macaso」。60種類以上ものストラテジーから通貨ペアや勝率などを見比べて、吟味して選ぶことができます。さらに、自分にあった最適なプログラムの組合せを提案してくれる機能を活用すれば、投資金額と投資スタイルを入力するだけで、最適な組合せを提案してくれます。

macasoは、取引手数料が無料かつスマホにも対応しているため、気軽に始めることができるのがポイント。1,000通貨からトレードすることも可能なので、小額投資をしたい人でも利用できます。

しかし、いきなりトレードすることに抵抗がある人もいるでしょう。そこで、本口座を開設する前に、無料でデモ口座を開設することもできます。仮想資金で取引をするため、操作方法やパフォーマンスを実際に体験できます。

裁量取引に自信のない人でも、大きな利益を出せる可能性があるmacasoは、幅広いトレーダーに人気です。ストラテジー選びに迷ったら、まずはmacasoに任せてみては?

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

手数料について

・取引手数料
当社の取引手数料は無料です。

・報酬等について
① 投資顧問契約による報酬
当社は、投資顧問契約に基づき、macaso口座で取引が行われるたびに、お客様から助言報酬をいただきます。

② 報酬の額
投資助言に係る報酬の額は、すべての通貨ペアにおいて0.9 pips(税込)に取引数量を乗じた金額となります。この投資助言報酬は、店頭外国為替証拠金取引のスプレッドに含まれておりますが、外貨通貨ペアの取引にかかる報酬額は、決済取引時点の当該外貨対円レートにより円貨相当額に換算されます。
マカソムリエに関する注意事項

1. マカソムリエを選択して行う取引について、売買シグナルに従って発注する取引の内容(通貨ペアや数量等)やタイミングによっては、同じマカソムリエで取引を行っても約定時間や約定価格が異なる場合があります。

2. 各マカソムリエはそれぞれ個別に取得した価格で取引を行っており、また、当社は投資助言報酬を取引価格に含めてお客様に提供しているため、マカソムリエの取引履歴に記載された約定価格に比べて本システムでの取引価格は大きく異なる場合があります。

3. 各マカソムリエが個別に行う取引でロスカットが発生した場合においても、それが売買シグナルとして配信され、当該マカソムリエのシグナルに基づいて保有している全てのポジション(他のマカソムリエの売買シグナルによって保有しているポジションは除きます。)が決済されます。

4. マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等で掲載されているデータは、各マカソムリエが行った過去の実際の取引運用成績に基づいたものです。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあり、各マカソムリエのランキングや統計・取引履歴等に掲載されているデータと大きく異なる場合があります。

5. マカソムリエは、提供前に当社及びマカソムリエ提供業者により採用のための審査を行うほか、採用後においても定期的(毎月)に審査し入れ替えを行っており、当該審査の結果、提供を休止、又は廃止することがあります。当該審査でのマカソムリエ採用可否を判断するための項目は、取引回数や取引期間、平均取引時間(取引の頻度)、勝率、最大ドローダウン、最大オープン取引数等になりますが、その他の要因によっても当社及びマカソムリエ提供業者の判断により提供を休止、又は廃止することもあります。

6. マカソムリエによる取引が4週間以上行われなかった場合、当該マカソムリエが一定期間取引されていないことに関しての警告が表示されます。なお、その後も継続して取引が行われない場合は、定期的に行われる審査の結果、当該マカソムリエの提供を休止、又は廃止する場合があります。

7. お客様は、選択したマカソムリエによる自動売買に任せて取引を行うだけでなく、お客様の任意の判断に基づいて決済注文の執行が可能であるほか、売買シグナルによる自動売買を停止させることも可能です。そのため、マカソムリエが決済シグナルを配信したとしても、それに従わずポジションを保有し続けることも可能です。また、売買シグナルによる自動売買を停止させた後も再開することが可能です。

8.お客様は、選択したマカソムリエの売買判断に基づき自動発注が可能ですが、自動発注時における設定の変更等も随時選択可能です。

9. 各マカソムリエの特徴等は、マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等にデータが記載されています。

10.マカソムリエには2種類のタイプがあります。
①「プログラム取引型」:チャートやインジケーターを利用したテクニカル分析等に基づいて売買シグナルを出すマカソムリエです。
②「裁量取引型」:プログラム取引型売買システムでは難しかった各種経済指標発表などに基づくイベントドリブン型の売買や市場急変時にも臨機応変に対応できる可能性のあるマカソムリエです。

注意事項及びリスク開示

・店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。
特に、流動性の低い通貨の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。さらに、スワップポイントについても通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、プラスの場合もあれば、マイナスの場合もあります。

・当社店頭外国為替証拠金取引のお取引手数料は無料です。

・必要証拠金は、『macaso』口座では取引金額の4%相当となります。

・スプレッドは、固定ではございません。相場急変時や指標発表時、市場流動性が低下している時などは、スプレッドが大きく拡大する場合があります。

・成行注文を行う場合にお客様の発注時に取引画面上に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合や指値及び逆指値注文を行う場合に指定した価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があり(スリッページ)、お客様に有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

・『macaso』口座では投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。

・『macaso』口座のマカソムリエにおける取引履歴は、過去における実際の運用成績です。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあります。

・当社による情報サービスは、お客様の投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。

・当サービスは、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身で行ってくださいますようお願いします。

・当社が提供する情報の著作権は、エキサイトワン株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

・お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、お客様ご自身の判断によりお取引くださいますようお願いいたします。


大吉
3
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。