シストレ

シストレの勝率を高めるコツ|勝てない原因から分かる3つの対策法

「シストレ(システムトレード)で失敗して大損した」と嘆く人がいる一方で、自動売買のメリットを活用して成功するトレーダーがいるのも事実です。

成功するトレーダーに共通する点は、過去の失敗を将来の成功に結び付けていることでしょう。

このように、シストレで勝率を高めるコツを見つけるときは、勝てないと言われる原因を探っていくことが近道です。

今回は、3つの原因を究明し、シストレのコツを探っていきます。

【シストレのコツ①】バランスの良い分散投資

シストレ(システムトレード)に勝つコツを探るには、まず「勝てない原因」を明らかにし、そこから対策法を練っていくことが賢明です。

一つ目のシストレのコツとして、「バランス良く分散投資を行う」ことが挙げられます。

特定のストラテジーだけに集中投資したくなる気持ちは分かりますが、損をしたときに対処できる仕組みを作っておくことも大切です。

勝てない原因:特定のストラテジーに資金が集中している

一つ、または少数のストラテジーだけに集中投資してしまうと、値動きによる影響を受けやすくなります。相場が上向けば大きな利益を手にできる一方で、下向き相場のときは多額の損失が発生するリスクも増えます。

「シストレで勝てない」という方の多くは、こうした一極集中型の投資スタイルに傾きがちです。いわゆるハイリスク・ハイリターン型の投資手法です。

対策法:3~4つのストラテジーに分散してリスクを和らげる

シストレのコツは、一度のビッグウェーブに期待する投資手法よりも、コツコツと小さい利益を積み上げていく堅実さが大切です。

複数(少なくても3~4つ)のストラテジーに資金を分けることで、同時にリスクを分散することへと繋がります。

また、ポートフォリオの中身もできるだけ偏りを減らすよう意識しましょう。

たとえば、同じような取引スタイルや通貨ペアばかりを選ぶのではなく、特徴の異なった複数のストラテジーで構成することが重要です。

仮に、あるストラテジーの得意とする相場が外れたとしても、他のストラテジーで損失を補填することができます。
※ただし、複数のマカソムリエを組み合わせることでも取引頻度や損失・損害が増幅する可能性があります。


【シストレのコツ②】適度なレバレッジでの取引

二つ目のシストレのコツは、「レバレッジを適度な倍率に保つ」ことです。

FXのレバレッジ倍率は、証拠金に対する取引額の大きさで決まります。そのため、ついつい高額な取引金額に挑戦し、失敗してしまった方も多いのではないでしょうか。

以下でレバレッジによる勝てない原因を探り、その後に対策法をお伝えしていきます。

勝てない原因:レバレッジ倍率が高すぎて損失が大きい

レバレッジは、倍率が高くなるほど大きな儲けを期待できる一方、相場の流れが悪くなったときは損失額も増えてしまいます。

先ほどお伝えした一極集中型の投資手法と同じく、ハイリスクハイリターンと言えるでしょう。

国内FXのレバレッジ倍率は個人口座の場合最大25倍まで、レバレッジを利かせることができます。では、シストレのコツとして、レバレッジは何倍ほどに抑えておくべきなのでしょうか。

対策法:初心者のうちは2~3倍のレバレッジが基本

レバレッジの適性な倍率は、経験に応じて異なります。経験が豊かで6割以上の勝率が期待できる人は、高いレバレッジ倍率でも比較的安全です。

しかし、初心者のうちは2~3倍のレバレッジが適正と言えます。

シストレは裁量取引に比べて、簡単に儲かりそうなイメージがあるものの、レバレッジと相場の流れ次第で一瞬にして資金を溶かしてしまいます。そうしたリスクを念頭に、最初のうちは安全な取引を心がけましょう。

【シストレのコツ③】最適なタイミングでのストラテジー変更

三つ目のシストレのコツは、ストラテジー変更のタイミングを見極めるということです。

ストラテジーを変更するタイミングを決めるのは、トレーダー自身です。だからこそ、「このストラテジーの収益性は良いのか悪いのか」を、どの時点で判断するのか、トレーダーの力量が試されていると言っても過言ではありません。

勝てない原因:損が出たらすぐにストラテジーを変更してしまう

一度や二度の損切りの経験だけでストラテジーを変更してしまうのは、早計と言えます。損切りしたタイミングはたまたま、そのストラテジーが不得意とする相場だったかもしれません。

シストレで勝てない場合、こうしたストラテジーの変更タイミングに間違いがあることも覚えておきましょう。

対策法:ある程度の成績が出てからストラテジーを入れ替える

シストレのストラテジーを入れ替えるタイミングは、ある程度の成績が出てからでも決して遅くありません。たとえば、2回の取引で1勝するのと、100回の取引で50勝するのとでは、勝率こそどちらも同じですが見方は変わってくるはずです。

正しい勝率を見極めるには、「大数の法則」が役立ちます。サイコロを振って出る目の確率は、1回よりも100回、100回よりも1万回検証したほうが正しい確率を出しやすい、という法則です。

ストラテジーを入れ替えるときも大数の法則に従い、勝率が正しく検証できるまで取引を繰り返すことが大切です。

シストレの失敗を減らすには「macaso」がおすすめ

シストレの失敗を減らし、勝率を高めていくには、フォロートレード型のFXサービス「macaso」がおすすめです。

【macasoの特徴①】投資の熟練者にトレード判断をお任せできる

macasoの特徴は、FXのトレード判断を厳選されたトレーダー(マカソムリエ)に任せることができることです。

サイトに登録しているマカソムリエを探し、今までの投資実績などを参考に優秀なトレーダーを判断できます。FXの知識がなくても、まるでベテラントレーダーのように運用が可能です。

 h3 【macasoの特徴②】トレーダーの売買実績が一目で分かる
マカソムリエの実績は、「実現損益」や「評価損益」、「年単位の投資収益率(ROI)」などのデータやグラフで確認できます。また、トータル成績のランキングが公表されており、マカソムリエの実力を判断するときに役立ちます。

【macasoの特徴③】独自の判断材料を設定できる

macasoの特徴①と②だけを聞くと、「投資信託と同じでは」という疑問が湧いてくるでしょう。しかし、macasoの最大の特徴である「独自判断を盛り込める」という点は、投資信託にはありません。

たとえば、投資金額や資金配分、レバレッジ、リスク管理の手法などは、自分の投資スタイルに合わせて設定できます。そのため、実績豊富なトレーダーの判断と、自分の考えを融合したトレードが可能です。

シストレで勝つコツが分かれば収益の最大化に繋がる

シストレで勝てない原因を探ることは、収益や勝率を高めるために欠かせません。今回お伝えしたように、シストレの勝率を高めるコツが3つ見えてきました。

・特徴の違う複数のストラテジーに分散投資すること
・自分の経験に見合ったレバレッジを意識すること
・十分に勝敗率を検証してからストラテジーを入れ替えること

「シストレで勝てないから、もう辞めよう」と思っていた方は、上記の方法を活用して再チャレンジしてみてください。きっと、今までとは異なる結果になるはずです。

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

手数料について

・取引手数料
当社の取引手数料は無料です。

・報酬等について
① 投資顧問契約による報酬
当社は、投資顧問契約に基づき、macaso口座で取引が行われるたびに、お客様から助言報酬をいただきます。

② 報酬の額
投資助言に係る報酬の額は、すべての通貨ペアにおいて0.9 pips(税込)に取引数量を乗じた金額となります。この投資助言報酬は、店頭外国為替証拠金取引のスプレッドに含まれておりますが、外貨通貨ペアの取引にかかる報酬額は、決済取引時点の当該外貨対円レートにより円貨相当額に換算されます。
マカソムリエに関する注意事項

1. マカソムリエを選択して行う取引について、売買シグナルに従って発注する取引の内容(通貨ペアや数量等)やタイミングによっては、同じマカソムリエで取引を行っても約定時間や約定価格が異なる場合があります。

2. 各マカソムリエはそれぞれ個別に取得した価格で取引を行っており、また、当社は投資助言報酬を取引価格に含めてお客様に提供しているため、マカソムリエの取引履歴に記載された約定価格に比べて本システムでの取引価格は大きく異なる場合があります。

3. 各マカソムリエが個別に行う取引でロスカットが発生した場合においても、それが売買シグナルとして配信され、当該マカソムリエのシグナルに基づいて保有している全てのポジション(他のマカソムリエの売買シグナルによって保有しているポジションは除きます。)が決済されます。

4. マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等で掲載されているデータは、各マカソムリエが行った過去の実際の取引運用成績に基づいたものです。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあり、各マカソムリエのランキングや統計・取引履歴等に掲載されているデータと大きく異なる場合があります。

5. マカソムリエは、提供前に当社及びマカソムリエ提供業者により採用のための審査を行うほか、採用後においても定期的(毎月)に審査し入れ替えを行っており、当該審査の結果、提供を休止、又は廃止することがあります。当該審査でのマカソムリエ採用可否を判断するための項目は、取引回数や取引期間、平均取引時間(取引の頻度)、勝率、最大ドローダウン、最大オープン取引数等になりますが、その他の要因によっても当社及びマカソムリエ提供業者の判断により提供を休止、又は廃止することもあります。

6. マカソムリエによる取引が4週間以上行われなかった場合、当該マカソムリエが一定期間取引されていないことに関しての警告が表示されます。なお、その後も継続して取引が行われない場合は、定期的に行われる審査の結果、当該マカソムリエの提供を休止、又は廃止する場合があります。

7. お客様は、選択したマカソムリエによる自動売買に任せて取引を行うだけでなく、お客様の任意の判断に基づいて決済注文の執行が可能であるほか、売買シグナルによる自動売買を停止させることも可能です。そのため、マカソムリエが決済シグナルを配信したとしても、それに従わずポジションを保有し続けることも可能です。また、売買シグナルによる自動売買を停止させた後も再開することが可能です。

8.お客様は、選択したマカソムリエの売買判断に基づき自動発注が可能ですが、自動発注時における設定の変更等も随時選択可能です。

9. 各マカソムリエの特徴等は、マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等にデータが記載されています。

10.マカソムリエには2種類のタイプがあります。
①「プログラム取引型」:チャートやインジケーターを利用したテクニカル分析等に基づいて売買シグナルを出すマカソムリエです。
②「裁量取引型」:プログラム取引型売買システムでは難しかった各種経済指標発表などに基づくイベントドリブン型の売買や市場急変時にも臨機応変に対応できる可能性のあるマカソムリエです。

注意事項及びリスク開示

・店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。
特に、流動性の低い通貨の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。さらに、スワップポイントについても通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、プラスの場合もあれば、マイナスの場合もあります。

・当社店頭外国為替証拠金取引のお取引手数料は無料です。

・必要証拠金は、『macaso』口座では取引金額の4%相当となります。

・スプレッドは、固定ではございません。相場急変時や指標発表時、市場流動性が低下している時などは、スプレッドが大きく拡大する場合があります。

・成行注文を行う場合にお客様の発注時に取引画面上に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合や指値及び逆指値注文を行う場合に指定した価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があり(スリッページ)、お客様に有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

・『macaso』口座では投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。

・『macaso』口座のマカソムリエにおける取引履歴は、過去における実際の運用成績です。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあります。

・当社による情報サービスは、お客様の投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。

・当サービスは、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身で行ってくださいますようお願いします。

・当社が提供する情報の著作権は、エキサイトワン株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

・お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、お客様ご自身の判断によりお取引くださいますようお願いいたします。
わーい!😄
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。