順張り_逆張りのシストレ

順張り・逆張りのシストレ、どっちが有利?

FXのシステムトレードのストラテジーはいくつもあり、その中でも代表的な手法として、「順張り」と「逆張り」の2つが存在します。どちらが勝ちやすいということはなく、順張りにも逆張りにもそれぞれメリットやデメリットがあるため一概に優劣を決めることはできません。

また、相場環境や値動きのパターンによっては、順張りが有利な場面や逆張りが有利な場面がそれぞれ存在します。互いの特徴や違いを正確に把握して、相場に応じて適切に活用することができれば安定的に利益を得ることも可能になります。

ここからは、順張りと逆張りのそれぞれの特徴や互いのメリット・デメリットを紹介します。

順張りのシストレの特徴とは

そもそも順張りとは、相場の値動きの方向と同じ方向のポジションを持つ手法をさします。上昇トレンドであれば、まずは買いでポジションを持ちます。その後、価格が上がってから決済します。下降トレンドの場合は、売りでポジションを持ち、価格がより下がったら買い戻し、差額を利益とします。

順張りのシストレの特徴として、相場がいったんトレンドに乗ればその動きに合わせて何度もトレードできる点があげられます。トレンドが長期にわたって続いている間(期間中)は何度もサインが出ることから利益を得る機会も多くなります。

順張りでトレードを行うストラテジーを利用するときは、トレンドに乗ったかどうかを確認するか、トレンドが発生したと 判断できる位置でエントリーするよう設定しておきましょう。

順張りのシストレのメリットとは

・トレンドが続けば続くほど利益を大きくできる

順張りのメリットは、長期トレンドが続けば続くほど利益を大きくできる点です。相場が一度上昇トレンドに乗れば、チャンスのたびにシストレがエントリーや決済を自動で行ってくれます。トレンドが続いている期間は自分が手を掛けずとも勝ち続けることができます。

・トレンドに乗り遅れたとしても利益を得やすい

トレンドに乗り遅れたとしても、トレンドが続いている間は順張りを行うことで、利益を得やすいメリットがあります。初めから含み益があることから、精神的にも安心できる側面もあるでしょう(実際は、スプレッド分がマイナスのスタートとなります)。

順張りのシストレのデメリットとは

・高値掴みや底値売りに注意

トレンドの発生を確認してエントリーしたものの、トレンドがすぐに終わってしまう場合があります。つまり、トレンドが反転するタイミングでエントリーしてしまうと、高値掴みや底値売りになってしまい利益を上げられません。トレンドがどの程度続くのか、チャートを分析したうえでストラテジーを設定しましょう。

また、短期的には上昇トレンドなのに長期的に見ると下降トレンドの場合があります。逆も然りです。長期でポジションを保有しようと考えている場合、双方のトレンドが合致していないと、順張りではなく逆張りになってしまうケースもあるので、注意してください。

逆張りのシストレの特徴とは 

逆張りとは、相場の値動きの方向と逆方向のポジションを持つことです。例えば相場が下降トレンドに入っている場合、順張りであれば通常は 売りでエントリーします。しかし、逆張りの場合は、下降トレンドがやがて底値となり相場が転換することを予測して、あえて買いでエントリーを行います。
現在の相場の動きに合わせてエントリーするのが順張り、現在の相場の動きに逆らってエントリーするのが逆張りです。

相場の天井または底を狙ってエントリーするかたちになり、転換点まで耐える必要があります。シストレで逆張りを行うときは、損切りのラインをしっかり見極めて設定するようにしましょう。

逆張りのシストレのメリットとは

・相場の急変動を利用して大きく勝てるチャンスがある

逆張りは、価格変動時がチャンスです。特に、大きな値動きの後は、元に戻ろうとする力も大きくなる傾向にあるため、利益を伸ばすチャンスとなります。相場が元に戻る力は、オシレーター系のツールを使って分析すると良いでしょう。

・レンジ相場でも使える手法

トレンド相場ではなく、中長期のレンジ相場の上限や下限で逆張りすることで、短期的なトレンドの反転を狙って利益を上げる方法です。レンジ相場のどこでエントリーし、どこで決済や損切りをするのかルールを決めてストラテジーを運用します。

逆張りのシストレのデメリットとは

・感覚だけでエントリーしないこと

逆張りは相場の転換を狙ってエントリーすることから、「そろそろ転換しそうだ」というところを狙います。しかし、エントリーのタイミングを感覚だけで計ってしまうと、損失が膨らむ可能性があります。ストラテジーを設定するときは、過去の値動きから、根拠のあるポイントを探して設定しましょう。

また、順張りはエントリータイミングが比較的分かりやすいのに対し、逆張りは相場の動きとは逆、つまりマイナスのスタートとなるわけです。相場が転換するまでは、含み損を抱えたままになるため、精神的にストレスを感じやすくなります。

FX初心者には順張りと逆張り、どちらが良いのか

人によって順張りが得意な方もいれば、逆張りのほうが得意な方もいます。それぞれの手法の特徴を正確に把握したうえで、自分の投資スタイルに合ったほうを選ぶことが重要です。

とはいえ、初心者のうちはトレンドを追いやすい順張りのほうがおすすめです。逆張りは転換点がどこかを見極める必要があるため、一定以上のFXの知識が求められます。順張りを続けて相場観を養ったうえで、逆張りにチャレンジするほうが良いかもしれません。 

もし、これまで一度も順張りや逆張りを試したことがないのであれば、デモトレードをおすすめします。豊富なマカソムリエ(ストラテジー)を用意しているmacasoであれば、さまざまなパターンにおける順張りや逆張りを体験することができるので、FX経験が浅い方は一度試してみると良いでしょう。

世界の厳選FXトレーダーをフォローできる「macaso」とは

自動売買システムである「macaso」は、実力や経験がある優秀なトレーダーをフォローして、一流の投資スタイルを学びながらトレードができる次世代型FXシステムです。

特にFX初心者であれば何をどう取引すればいいのか分からないのが普通です。しかしmacasoでは優秀なトレーダーや自動売買ロボットが、頻繁に変化する相場環境に合わせた適切な投資判断を行ってくれます。

macasoには無料で始めることができるデモ口座が用意されています。メールアドレスを登録するだけですぐにトレード体験できることから、FXのやり方や雰囲気を掴むことができます。ぜひmacasoで世界の厳選トレーダーをフォローして試してみてください!

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
涙で明日が見えません😭✨
1
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。