世界共通_FXの取引時間とは

FXの取引時間と市場の特徴

平日24時間取引できるFX

FXは平日であれば24時間取引をすることが可能です。通常、日本国内の証券取引は、平日の9時から15時までしか取引を行うことはできません。しかしFXは日本だけでなく、イギリスやアメリカ、香港やオーストラリアなど世界各国の為替市場で通貨を売買するため、市場が動く平日は24時間いつでも取引できるのです。

ここではFXの取引時間についてさらに具体的に解説します。

為替市場が開いている時間に取引ができる

FXは為替市場にて通貨の売買を行っているため、為替市場が開いていれば取引が可能です。日本だけでなく、ニューヨークやロンドン、オーストラリアやシンガポール、香港など多数の国に市場はあります。

時差の関係上、それぞれの国の取引時間は異なります。たとえ日本の為替市場が閉まったとしても、他のどこかの国の為替市場は開いており、トレーダーは市場をまたいで自由に取引できるのです。したがって、基本的にFXトレードは平日24時間いつでも可能です。

土日は市場が開いていない

平日であれば24時間いつでも取引ができるFXですが、運用には注意が必要です。というのも大半の国で月曜日から金曜日まで為替市場は開いていますが、土日のほか 、世界的に休日となるクリスマスや、1月1日などはお休み。市場が開いていなければ取引はできませんので、FXを始めようと考えているならそういった点も押さえておきましょう。

夏時間・冬時間が設定されている

アメリカやヨーロッパ、オセアニアなどでは、夏の時期は日照時間の増加に伴い時刻を標準時間より1時間早める「サマータイム(夏時間)制度」を導入しています。例えばアメリカでは、3月の第二日曜日から11月の第一日曜日までが夏時間、それ以外の11月第一日曜日から3月の第二日曜日までが冬時間です。

FXの取引においても夏時間と冬時間は設定されており、該当期間は取引できる時間帯が異なります。例えば一部の日本のFX会社において、冬時間の取引時間が月曜の7時から土曜の6時59分であるとすれば、夏時間では月曜の6時から土曜の5時59分となります。

FX会社の取引開始時間は月曜6~7時 ごろからが多い

注意してほしいのが、FX会社の取引開始時間です。夏は月曜~土曜の6時、冬は月曜~土曜の7時までとしている会社が多く、月曜の開始時間より前だと当然ながら取引できません。

国内のFX会社の多くは日本時間の月曜の6~7時ごろから取引を始めることができます。サマータイムの時期やFX会社によっては取引開始時間が異なることもあるため、 トレードを始める前に確認しておきましょう。

世界的なイベントのクリスマスや元旦は休み

平日であれば24時間いつでも取引ができる外国為替市場ですが、国によっては取引できない日があります。日本市場は開いていてもニューヨーク市場は開いていないなど、国により対応が異なるので注意が必要です。例えば1月1日(元旦)は世界中の為替市場が休みになるため、取引不可。クリスマスは平日でも海外の市場がほとんど休みとなるため、ほぼ取引できません。

また、日本は祝日でも月曜~金曜なら取引できますが、国によっては祝日に市場が閉まります。他の国や日本市場が開いているので取引自体は可能ではあるものの、市場参加者が減るので流動性が下がるでしょう。

多くのFX会社のホームページでは、各国ごとの取引市場の休みや時間帯が掲載されているので、自分が利用している会社のページを一度確認してみることをおすすめします。

クローズ時間や取引不可の時間帯は確認しておこう

FXのマーケットは平日24時間動いていることから、いつでも取引は可能です。しかし実際に取引できる時間帯はFX会社ごとに異なります。
日本のFX会社の多くは、平日の取引開始時刻である午前7時 (冬時間)になる前の数分〜数十分ほど、メンテナンスのため取引できない時間を設けているため注意が必要。

クローズ時間は7時に開始する会社の場合、土曜の5時59分(夏冬時間では6時59分) となっています。

相場の動きは時間帯で変わる?

ヨーロッパやアメリカ、日本など、FXの市場は世界中に存在し、それぞれの市場における取引の時間帯は異なります。そのため、為替相場の動きも時間帯によって変わる可能性があるのです。

相場の動きが激しくなる時間帯について紹介しているので、トレードの際に参考にしてみましょう。

変動が大きいのは複数の市場が被っている時間帯

為替市場は1日の間で順番に開くわけではなく、複数の市場が同時に開くこともあります。複数の市場が取引している時間帯であれば、それだけ取引に参加している人の数や取引金額も増えることに。その結果、相場の動きが多くなるのです。

特に3大市場と呼ばれる東京・ロンドン・ニューヨークの為替市場が開いている時間はユーザーが増えやすく、盛り上がりやすい傾向にあります。

地域ごとの市場が開く時間

市場が開いた直後の時間帯は取引参加者が多く、相場の変動が大きくなる傾向があります。相場が大きく変動すれば利幅が大きくなることから、市場が開く時間帯は利益がでる絶好の機会といえるでしょう。 もちろん、損失幅も大きくなるため、注意は必要です。各市場の時間は以下のようになっています。

・【オセアニア時間】6時〜8時

ニュージーランドやオーストラリアの市場が開く時間帯です。大幅な動きは起こりにくい傾向ですが、週末に大きな出来事があった場合は月曜のオセアニア時間でレートが急に変動することがあるため、注意が必要です。

・【東京時間】8時〜15時

日本や香港・シンガポールなどの市場が開き始め、アジア圏で取引が活発になります。日本企業の決済日が多い5日・10日は取引量が多くなる傾向にあります。10時を過ぎると動きは緩やかになり、レンジ相場となりやすい時間帯です。

・【欧州時間】15時〜21時

ヨーロッパの市場が開く時間帯で、中でも取引量の多いロンドン市場が開いている時間帯は取引が盛り上がります。ユーロやポンドなどの取引が多く、ユーロ圏で経済指標がある場合は特に活発化する傾向です。

・【ニューヨーク時間】21時〜6時

ニューヨーク市場が開く21時以降は、アメリカのトレーダーも参加してきて取引はさらに活発化。2時以降はロンドン市場が閉まり落ち着いてきますが、アメリカで経済指標が発表されるときは活発化します。

NY市場とロンドン市場が被る時間帯が狙い目

それぞれの市場が被る時間帯は1日のうちでもっとも取引が頻繁に行われている時間帯と言えます。

為替市場でもっとも多く取引が行われているのはロンドン市場。2番目に取引量が多い市場はニューヨーク市場です。この2つの市場が被る時間帯が21時~2時となっており、取引が多くなります。大きく市場が動く傾向があるため、利益アップのチャンスです。

取引時間外でも市場が動いている国がある

基本的に土日は多くの市場が閉まっています。例外的に、バーレーンを中心とした中東市場は金曜日が休みであることから、土日も市場は開いています。しかし、中東市場は他の市場と比べて取引量が多くないため、相場の動きも小さめ。そのため、中東市場が動いていても、多くのFX会社は土日を取引時間外に設定しています。

ただし、中東で大きな動きがあった場合は他の国でも相場が動きます。土日に大きな出来事があったら、朝からレートが動いて大きく損をする可能性も少なくありません。

取引時間にとらわれない!シストレのすすめ

世界の各為替市場には取引時間が設定されており、相場の動きが大きくなる時間帯は限られています。特に相場が動く時間帯は深夜なので、日中仕事や家事をしている方は、毎日チャートをチェックするのも大変。肉体的にも負担が大きくなります。

しかしシストレを活用すれば、時間帯に関係なく設定されたストラテジーをもとに取引をしてくれるため、マーケットの時間帯に縛られることなく取引が可能です。

macasoは裁量トレーダーとプログラムのマカソムリエが登録されていて、FXトレードの判断を任せられるシステム。自分のトレードスタイルに合わせてフォローできるのが魅力です。もちろんマカソムリエの変更や休止も簡単。また、自分で裁量トレードを進めることもできます。優秀なトレーダーのストラテジーをもとに、FXトレードを始めてみませんか。

macasoについて

厳選凄腕トレーダーの投資判断にお任せ!FXトレードをかんたん&便利に始めるならmacaso

画像1

『macaso(マカソ)』の詳細および口座開設はこちらから

手数料について

・取引手数料
当社の取引手数料は無料です。

・報酬等について
① 投資顧問契約による報酬
当社は、投資顧問契約に基づき、macaso口座で取引が行われるたびに、お客様から助言報酬をいただきます。

② 報酬の額
投資助言に係る報酬の額は、すべての通貨ペアにおいて0.9 pips(税込)に取引数量を乗じた金額となります。この投資助言報酬は、店頭外国為替証拠金取引のスプレッドに含まれておりますが、外貨通貨ペアの取引にかかる報酬額は、決済取引時点の当該外貨対円レートにより円貨相当額に換算されます。
マカソムリエに関する注意事項

1. マカソムリエを選択して行う取引について、売買シグナルに従って発注する取引の内容(通貨ペアや数量等)やタイミングによっては、同じマカソムリエで取引を行っても約定時間や約定価格が異なる場合があります。

2. 各マカソムリエはそれぞれ個別に取得した価格で取引を行っており、また、当社は投資助言報酬を取引価格に含めてお客様に提供しているため、マカソムリエの取引履歴に記載された約定価格に比べて本システムでの取引価格は大きく異なる場合があります。

3. 各マカソムリエが個別に行う取引でロスカットが発生した場合においても、それが売買シグナルとして配信され、当該マカソムリエのシグナルに基づいて保有している全てのポジション(他のマカソムリエの売買シグナルによって保有しているポジションは除きます。)が決済されます。

4. マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等で掲載されているデータは、各マカソムリエが行った過去の実際の取引運用成績に基づいたものです。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあり、各マカソムリエのランキングや統計・取引履歴等に掲載されているデータと大きく異なる場合があります。

5. マカソムリエは、提供前に当社及びマカソムリエ提供業者により採用のための審査を行うほか、採用後においても定期的(毎月)に審査し入れ替えを行っており、当該審査の結果、提供を休止、又は廃止することがあります。当該審査でのマカソムリエ採用可否を判断するための項目は、取引回数や取引期間、平均取引時間(取引の頻度)、勝率、最大ドローダウン、最大オープン取引数等になりますが、その他の要因によっても当社及びマカソムリエ提供業者の判断により提供を休止、又は廃止することもあります。

6. マカソムリエによる取引が4週間以上行われなかった場合、当該マカソムリエが一定期間取引されていないことに関しての警告が表示されます。なお、その後も継続して取引が行われない場合は、定期的に行われる審査の結果、当該マカソムリエの提供を休止、又は廃止する場合があります。

7. お客様は、選択したマカソムリエによる自動売買に任せて取引を行うだけでなく、お客様の任意の判断に基づいて決済注文の執行が可能であるほか、売買シグナルによる自動売買を停止させることも可能です。そのため、マカソムリエが決済シグナルを配信したとしても、それに従わずポジションを保有し続けることも可能です。また、売買シグナルによる自動売買を停止させた後も再開することが可能です。

8.お客様は、選択したマカソムリエの売買判断に基づき自動発注が可能ですが、自動発注時における設定の変更等も随時選択可能です。

9. 各マカソムリエの特徴等は、マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等にデータが記載されています。

10.マカソムリエには2種類のタイプがあります。
①「プログラム取引型」:チャートやインジケーターを利用したテクニカル分析等に基づいて売買シグナルを出すマカソムリエです。
②「裁量取引型」:プログラム取引型売買システムでは難しかった各種経済指標発表などに基づくイベントドリブン型の売買や市場急変時にも臨機応変に対応できる可能性のあるマカソムリエです。

注意事項及びリスク開示

・店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。
特に、流動性の低い通貨の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。さらに、スワップポイントについても通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、プラスの場合もあれば、マイナスの場合もあります。

・当社店頭外国為替証拠金取引のお取引手数料は無料です。

・必要証拠金は、『macaso』口座では取引金額の4%相当となります。

・スプレッドは、固定ではございません。相場急変時や指標発表時、市場流動性が低下している時などは、スプレッドが大きく拡大する場合があります。

・成行注文を行う場合にお客様の発注時に取引画面上に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合や指値及び逆指値注文を行う場合に指定した価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があり(スリッページ)、お客様に有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

・『macaso』口座では投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。

・『macaso』口座のマカソムリエにおける取引履歴は、過去における実際の運用成績です。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあります。

・当社による情報サービスは、お客様の投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。

・当サービスは、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身で行ってくださいますようお願いします。

・当社が提供する情報の著作権は、エキサイトワン株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

・お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、お客様ご自身の判断によりお取引くださいますようお願いいたします。
今日も良いことありますように🤗
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。