見出し画像

【macaso伝授シリーズ】為替のプロが選ぶ今が旬の注目マカソムリエ!(2020年3月2週号)-齊藤トモラニ氏-

こんにちは、macaso FX研究所 編集部です。

ここ最近、macasoをご利用のお客様から、「どのマカソムリエを選んでいいのか分からない」というお声をいただいております。
そこで今週より、【macaso伝授シリーズ】と題して、FX人気講師でおなじみの 齊藤 トモラニ 先生が、「どのような考えでマカソムリエを選ぶのか」、「今が旬のマカソムリエはどれか」などを伝授いたします。
隔週での公開を予定しておりますので、ぜひお楽しみください。

齊藤 トモラニ 先生]
老舗FXスクール「WIN-INVEST JAPAN 株式会社」代表取締役
今現在は情報配信とFXで使えるツール開発を手掛けている。
証券会社主催のセミナーに登壇することも多く、分かりやすい講義には
根強いファンも多い。
また昨年11月から始めたユーチューブFXの流儀(https://www.youtube.com/channel/UC30w5H2MGSs6wP1YFjPeXBg/)ではロンドン在住の松崎美子氏と他では聞けない、欧州の情報を配信している。
著書にパンローリング社「FXデイトレード」がある。


久しぶりに自分のmacaso口座を見ましたが、マイナスになっています。
EAやソーシャルトレードは、
1)ポートフォリオをどう組むか
2)休ませる期間はどうするか
を考えてオン・オフを上手くやっていくと、パフォーマンスは良くなっていくと思います。
裁量トレードのように、常に考える必要はありませんが、ソーシャルトレードを上手く使いこなすためにはほったらかしよりも、1週間に一度くらいは見直しも必要だと思います。

今回マイナスになっている原因は、14位(2020年3月13日現在)のNeroneFXの保有ポジションでドローダウンが拡大しているからです。

NeroneFX
は、EUR/GBPで大きくドローダウンしていることが原因なので、EUR/USDもしくはGBP/USDを専門にやっているマカソムリエを追加してみたらいいのかな?と思っています。

さて新しいマカソムリエも増えていますね。今日はそのマカソムリエのトレードを見てみます。総合ランキング1位(2020年3月13日現在)のAsha Proというマカソムリエです。

Asha Pro

画像2

トレードする通貨ペアをみると、USD/CADAUD/NZDEUR/JPYとなっています。今のところはEUR/JPYのトレードは未だ無いようなので、USD/CADAUD/NZDのトレードですね。

画像1

トレードスタイルはオシレーターの売られすぎや買われすぎでポジションを持つという事ですが、この方法が有効なのはレンジ相場の時となります。

では、実際にエントリーしている時間足が分からないのですが、USD/CADの1時間足のチャートで環境を確認してみたいと思います。

画像3


上記画像のピンクで囲んだ部分のようにレンジで動いているところでは、きっといい成績が出ているのかな?と思いますが、レンジをブレイクしてトレンドができ、ボラティリティが高くなってきたブルーのところあたりからは、注意する場面になったのではないか、と思います。

このまさしくブルーでの囲いの部分の中の、2020年3月9日のトレードを見てみると売りエントリーで損切りをしています。トレンドは上放れしているのでやはり売りエントリーは難しかったのかもしれません。この日は3つのポジションを持っていましたが、最初に取ったポジションから1回はナンピンをしていました。ナンピンの2回目のポジションは利益になっていますね。そして単独に1つの売りポジションを持っていたという形です。

画像4

(ブルーで囲った2つのポジションはナンピンしているもの)

ただ最初に取ったポジションは、損切りの前にもかなりドローダウンを抱えていますので、このドローダウンも見ていかないと資金がショートしてしまいます。
今回は途中で約150Pips位の含み損を抱えています。ちなみに、3ポジションを保有していましたので、途中のドローダウンは、1ポジションが1,000通貨と仮定すると、3,000通貨で4,500円の損失が出ていた計算になります。

画像5

(最初のエントリー、ピンク矢印はエントリーして損切りを入れるまで途中大きく含み損が出ている)

このマカソムリエが最大でどれくらいの含み損を抱えるか、大きな損切りがまだないので今までの相場では逆行しても思った方向にある程度戻る、という思惑のもとでトレードされているという形です。

USD/CADの値動きは原油価格に左右されるため、先日の原油減産の交渉が失敗し、サウジアラビアも増産に踏み切り原油価格が暴落したような相場の場合はUSD/CADもトレンドができやすくなってしまいます。このマカソムリエのUSD/CADのポジションを持つ場合は、原油に対してのファンダメンタルズに注意しておく、という事も必要かもしれません。

AUD/NZDに関しては、稀にトレンドが出来ますが、基本的にはトレンドがあっても緩やかなトレンドの場合は、この方法は上手く機能していくのかな、と思います。
ただし、経済指標の発表があるときはちょっと注意したいところですね。

引き続きこのマカソムリエをウォッチしていきたいと思います。

WIN-INVEST JAPAN株式会社
代表取締役 齊藤トモラニ

手数料について
・取引手数料
当社の取引手数料は無料です。

・報酬等について
① 投資顧問契約による報酬
当社は、投資顧問契約に基づき、macaso口座で取引が行われるたびに、お客様から助言報酬をいただきます。

② 報酬の額
投資助言に係る報酬の額は、すべての通貨ペアにおいて0.9 pips(税込)に取引数量を乗じた金額となります。この投資助言報酬は、店頭外国為替証拠金取引のスプレッドに含まれておりますが、外貨通貨ペアの取引にかかる報酬額は、決済取引時点の当該外貨対円レートにより円貨相当額に換算されます。

マカソムリエに関する注意事項

1. マカソムリエを選択して行う取引について、売買シグナルに従って発注する取引の内容(通貨ペアや数量等)やタイミングによっては、同じマカソムリエで取引を行っても約定時間や約定価格が異なる場合があります。

2. 各マカソムリエはそれぞれ個別に取得した価格で取引を行っており、また、当社は投資助言報酬を取引価格に含めてお客様に提供しているため、マカソムリエの取引履歴に記載された約定価格に比べて本システムでの取引価格は大きく異なる場合があります。

3. 各マカソムリエが個別に行う取引でロスカットが発生した場合においても、それが売買シグナルとして配信され、当該マカソムリエのシグナルに基づいて保有している全てのポジション(他のマカソムリエの売買シグナルによって保有しているポジションは除きます。)が決済されます。

4. マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等で掲載されているデータは、各マカソムリエが行った過去の実際の取引運用成績に基づいたものです。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあり、各マカソムリエのランキングや統計・取引履歴等に掲載されているデータと大きく異なる場合があります。

5. マカソムリエは、提供前に当社及びマカソムリエ提供業者により採用のための審査を行うほか、採用後においても定期的(毎月)に審査し入れ替えを行っており、当該審査の結果、提供を休止、又は廃止することがあります。当該審査でのマカソムリエ採用可否を判断するための項目は、取引回数や取引期間、平均取引時間(取引の頻度)、勝率、最大ドローダウン、最大オープン取引数等になりますが、その他の要因によっても当社及びマカソムリエ提供業者の判断により提供を休止、又は廃止することもあります。

6. マカソムリエによる取引が4週間以上行われなかった場合、当該マカソムリエが一定期間取引されていないことに関しての警告が表示されます。なお、その後も継続して取引が行われない場合は、定期的に行われる審査の結果、当該マカソムリエの提供を休止、又は廃止する場合があります。

7. お客様は、選択したマカソムリエによる自動売買に任せて取引を行うだけでなく、お客様の任意の判断に基づいて決済注文の執行が可能であるほか、売買シグナルによる自動売買を停止させることも可能です。そのため、マカソムリエが決済シグナルを配信したとしても、それに従わずポジションを保有し続けることも可能です。また、売買シグナルによる自動売買を停止させた後も再開することが可能です。

8.お客様は、マカソムリエが売買判断した内容を受けて、お客様の任意の判断に基づく発注、又は、当該売買判断に基づく自動発注が可能な設定を随時選択することが可能です。

9. 各マカソムリエの特徴等は、マカソムリエの「マカソムリエ一覧」並びに各マカソムリエにおける統計・取引履歴等にデータが記載されています。

10.マカソムリエには2種類のタイプがあります。
①「プログラム取引型」:チャートやインジケーターを利用したテクニカル分析等に基づいて売買シグナルを出すマカソムリエです。
②「裁量取引型」:プログラム取引型売買システムでは難しかった各種経済指標発表などに基づくイベントドリブン型の売買や市場急変時にも臨機応変に対応できる可能性のあるマカソムリエです。

注意事項及びリスク開示

・店頭外国為替証拠金取引においては、預託した証拠金の額を大きく上回る額の取引を行うことも可能ですが、外国為替相場や金利の変動等により、預託した証拠金の額を上回る損失が生じる可能性もあります。
特に、流動性の低い通貨の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。さらに、スワップポイントについても通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、プラスの場合もあれば、マイナスの場合もあります。

・当社店頭外国為替証拠金取引のお取引手数料は無料です。

・必要証拠金は、『macaso』口座では取引金額の4%相当となります。

・スプレッドは、固定ではございません。相場急変時や指標発表時、市場流動性が低下している時などは、スプレッドが大きく拡大する場合があります。

・成行注文を行う場合にお客様の発注時に取引画面上に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合や指値及び逆指値注文を行う場合に指定した価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があり(スリッページ)、お客様に有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

・『macaso』口座では投資助言に係る報酬が取引レートに含まれます。

・『macaso』口座のマカソムリエにおける取引履歴は、過去における実際の運用成績です。したがって、将来の運用成績を保証するものではなく、相場の状況によっては、過去の運用成績を大きく下回るおそれがあります。

・当社による情報サービスは、お客様の投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。

・当サービスは、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客様ご自身で行ってくださいますようお願いします。

・当社が提供する情報の著作権は、エキサイトワン株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

・お取引に際しては、契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、内容をご理解の上、お客様ご自身の判断によりお取引くださいますようお願いいたします。
今日も良いことありますように🤗
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

この記事が入っているマガジン

macasoを学ぶ
macasoを学ぶ
  • 90本

macaso(マカソ)に関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。