図2

シストレの成功は、メリット・デメリットの正しい理解から

このページではシストレのメリットやデメリットを紹介します。それぞれ比較することで、自分に合ったFXトレードの方法が選べるでしょう。

シストレのメリット

専門的な知識が必要ない

シストレ(システムトレード)は、売買に関する専門知識が少なくても始められるのがメリットです。

自動売買を行うトレーダーやプログラムのことを指す「ストラテジー」には、主に「選択型」と「開発型」の二つの種類があります。「選択型」のストラテジーの中には優秀なトレーダーをフォロー(選択)し、自動売買を行うフォロートレードという方法があり、専門知識がまだ身に付いていない初心者におすすめです。

トレーダーの動きを見ながら、FXの勉強もできるので一石二鳥。ストラテジーの勝率や得た利益などは公開されているので、ストラテジー選択の参考にしましょう。

「選択型」と「開発型」の違いとは

既存のストラテジーのなかから選べるタイプのシストレを「選択型」と呼びます。一方、自分で売買の条件をすべて指定してシステム化するのが開発型です。

開発型は自分の希望するトレード手法を事細かに設定できます。微妙な調整ができるので、自分の投資手法に確信がある人に向いているでしょう。

FXトレードに慣れていないとうまく設定できず、シストレを使っても勝率が低いかもしれません。初心者のうちは、決められた戦略から選べる選択型がいいでしょう。

初心者は「選択型」がオススメ

FXの知識がまだあまりない段階の人は、選択型のシストレがいいでしょう。用意されているストラテジーを選ぶだけでよく、取引画面の操作性も優れています。

いろいろなストラテジーのなかから、勝率や獲得pips数などを参考にして選ぶと良いでしょう。まずは、デモトレードをして試してみるのがおすすめです。

相場観を持たずに売買できる

FXトレードを行ううえで相場観を養うのは大切です。為替市場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかは、相場観がないと判断がつきません。根拠や理由を持たないギャンブル的な感覚でトレードを行うと、大きな損失を被る可能性があります。

しかし、シストレを利用すれば、自分では相場のことがほとんど分からなくても、自動でトレードを行ってくれます。

また、もし今選んでいるストラテジーと相場の相性が悪く思える場合、ほかのストラテジーに変えることも可能です。

感情によって生じるリスクを回避できる

FXトレーダーとして、ときに難しく感じるのは感情のコントロールかもしれません。すでに持っているポジションを決済する予定の場面でも、感情に邪魔されて正しい判断ができないことがあります。利益がもっと増えそうに思える場合や少しでも損失を減らしたい場合などに、感情が邪魔をします。

しかし、感情に流されたトレードで勝ち続けることは難しいのです。とくに、損切りができないと、資産を大きく減らすことにつながります。

その点シストレであれば、システムが機械的にトレードを行います。損切りポイントを設定しておけば、指示通りに決済が入るので、損を恐れて損失が増えてしまうこともありません。同様に、損失を恐れて利益を確定させること(利確)を早めてしまい、得られるはずだった利益を逃がしてしまう…といったことも起きにくくなります。

24時間マーケットを見続ける必要がない

シストレなら、トレーダーが寝ている間も売買を行います。自分がトレード画面を見ていないときでも、投資のチャンスを逃がしません。自身で全ての通貨ペアの相場をチェックする必要が無いことも、シストレのメリットです。

FXトレードを始めたばかりの人だと、自分のポジションや為替市場の様子が気になって四六時中トレード画面をチェックしていることがあるかもしれません。実際、FXのマーケットはほぼ24時間動いています。しかし、ずっとトレード画面をチェックするのには限界があります。

日本の深夜でも活発に取引が行われており、それらすべてを把握するのは難しいでしょう。FXのために長く時間が取れない人にも、シストレはおすすめです。

シストレのデメリット・リスク

利用するストラテジーによって結果が変わる

シストレで選択できるストラテジーは多く、そのストラテジーごとに売買のルールが異なります。あるストラテジーを選んだら大きな利益を得て、別のストラテジーだと大きな損失が出た…ということも珍しくありません。同じ期間シストレを利用していても、選択したストラテジーによって結果に違いが出てくるのです。

また、シストレで設定する取引の時間帯も結果を左右します。たとえば、日本の取引時間とニューヨークの取引時間です。それぞれ市場の動きに違いがあるので、対応できるストラテジーを選ぶのがいいでしょう。

つまり、ストラテジーごとに得手不得手があるということ。そのときのトレンドや市場の動きに合わせたストラテジーを選ぶことが、勝つカギになります。

急な相場変動に対応できない

シストレは為替レートが何円・何十円も上下するような相場では、うまく対応できないケースがあります。なぜなら、シストレはそもそもある程度落ち着いた為替相場で機能するように設定されているからです。

相場が急変する理由として、要人の発言や経済指標の発表、天災、紛争などがあります。普段はシストレを利用し、相場が急変する可能性があるときは、いったんシステムを停止させておくといいでしょう。

シストレ成功のカギは、ストラテジーの選択にあり

シストレで利益を出すためにはストラテジーの選択が重要です。ある時期には効果的なストラテジーでも、時期が変わると勝てなくなることがあります。また、自分がFXの投資額をいくらに設定するかによっても、効果を発揮できるストラテジーは変わります。

評判のいいシストレでも、トレーダーごとに合う・合わないがあるので、FXを始める前にはまずデモトレードを行うのがいいでしょう。ストラテジーごとの長所や短所が分かり、自分に合うかを見極められます。

自分の投資スタイルに合わせて選ぼう

ストラテジーを選ぶ前に、自分の投資スタイルをはっきりさせる必要があります。短期で利益をあげるのか、中長期的に運用するのかでは選ぶべきストラテジーも異なるからです。

短期スタイルでも1日の間に何度も取引を重ねて利益を得るスキャルピングと、1日1回程度の取引で利益を出すデイトレードがあります。

投資スタイルを決めたうえで、自分に合うストラテジーを選びましょう。

ストラテジーの種類が豊富なmacasoとは

macaso(マカソ)は、FXトレードが初めての人でも利用できるように、操作しやすいデザインが採用されています。また、ストラテジーの種類も豊富。メールアドレスさえあれば無料で使えるデモ口座も提供しているので、どんなシストレなのかを、簡単に試せます。

画像2

60種類以上!自分に合ったストラテジーを選べる

トレードを行うときに必要なのは、ストラテジーを選ぶだけのフォロートレードタイプ。macasoではストラテジーのことをマカソムリエと呼んでいます。

ランキング形式でマカソムリエの順位が分かり、気になるマカソムリエの画面を開くと過去3か月の評価損益や売買履歴、現在のポジションなどが分かります。FXの勉強としてマカソムリエを見比べるのもおすすめです。

自分に合ったマカソムリエが分からない場合は、macaso側が取引スタイルに合わせておすすめのマカソムリエを提示してくれます。

裁量取引型マカソムリエは急な相場変動にも対応

macasoのストラテジーのなかには、「プログラム取引型」と「裁量取引型」があります。

裁量取引型のストラテジーのなかには、経済成長率や物価指数などといった経済活動から経済指標を分析するファンダメンタル分析を取り入れているトレーダーがいます。

ファンダメンタル分析を取り入れているマカソムリエなら、絶対ではありませんが、急な相場変動にも対応できる可能性があります。シストレでは苦手とされていた急な為替変動のリスクを回避できるかもしれません。

大きな損失を回避し、利益を伸ばせる可能性がある、魅力的なシストレです。


新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
感激です!😆
1
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。