見出しを追加__1_

シストレは専業と副業どっちに向いている?メリット・デメリットからチェック

感情を伴わず、あらかじめ設定されたシステムが自動で取引を行ってくれるシストレ(自動売買)は、どのような投資スタイルでも利益が出るわけではなく、中にはシストレが向いていないスタイルもあると言われています。

特にトレードだけで収入を得ている専業トレーダーは、シストレを専業にすることにより利益が出るとは必ずしも言えないため注意が必要です。

ここではシストレの特徴や専業・副業でシストレをする場合のメリットやデメリット、シストレの特徴を踏まえた最適なFX運用方法などおすすめのシステムについて解説します。

シストレのメリットから見る運用の仕方

自分に変わって機械が自動的に取引をしてくれるシストレ(自動売買)ですが、最大のメリットは、自分の時間を有効に使える点です。

FXは平日なら24時間いつでもできますが、多くの方は日常生活においてFXに使える時間は限られています。特に普段忙しい方・やるべきことが多い方だと、時間をかけてFXをするのは難しいでしょう。

しかし、自動的に売買を行ってくれるシストレを利用すれば、FXに余計な時間を取られることがなく、仕事や日常生活と両立しながら自らの時間を有効に活用できます。

一方、比較的時間に余裕があり、専業でトレードに取り組んでいる方がシストレに取り組む場合は注意が必要です。

繰り返しになりますが、シストレのメリットはあらかじめ設定されたシステムに取引を任せることにより、時間を有効活用できる点です。ですが、時間に余裕がある場合は、完全に機械任せにできず自分の裁量で取引をしてしまい、その結果損失を出してしまう場合があります。

シストレで利益を出すために技術を磨くべき理由

シストレで利益を出すためには、FXの知識を身につけることが必要です。FXの基本を押さえないうちから、シストレ任せにするのは、リスクがあります。

チャートを読む技術を身につけることにより、ストラテジーの設定が適切に行えるようになるでしょう。経験を重ねることで、多くのストラテジーの中から相場に合った適切なストラテジーを選択しやすくなります。結果、シストレで安定的な利益が得られるようになるのです。

macasoの場合も同様です。基本的には、厳選されたマカソムリエにトレードの判断を任せればOK。とは言っても、どのくらいのロット数を任せるのか、マカソムリエの損切りラインと自分の資金が見合っているかなどのチェックは必要です。

シストレをするなら専業?副業?

シストレは、あらかじめ設定されたシステムが自動で売買を行ってくれるトレード手法です。トレード初心者の方や裁量でのトレードに慣れていない・時間が取れない方にとっては、シストレは非常に魅力的なトレード手法だと言えます。

しかし、誰もがシストレに向いているとは一概には言えません。普段の生活スタイルや自分の実力 によってはシストレが向いていない場合もあるからです。

シストレをするのであれば、専業で行うのと副業で行うのはどちらの方が向いているのでしょうか。ここではそれぞれのメリットやデメリットを紹介しながら解説します。

専業でシストレをする場合のメリット・デメリット

ここでは、専業でシストレをする場合のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

専業でシストレをする場合の最大のメリットは、いざという時に裁量で決済できる点です。

シストレは基本的にエントリーから決済まで全てシステムに任せて取引を行います。しかし、そのシステムはいかなる場合も万全というわけではなく、相場環境や選択したストラテジーによっては負ける場合もあります。

特に、予測していなかった為替相場の動き(要人発言や災害など)に対して、 プログラムだと柔軟な対応ができません。そんな時でも、専業トレーダーであれば、情報を得た時点でシステムを停止し、含み損が大きくなるのを防げます。

同様に、システム通りに決済するよりももっと利益が出そうだと判断できたら、裁量に切り替えて対応することも可能です。ただし、そうしたことができるのは、専業トレーダーとしてやっていけるほど知識も経験も得ている方です。

デメリット

もし専業でシストレを利用するのであれば、自制心を持ちできるだけシステムに任せることが大切です。つまり、メンタルのコントロールが副業トレーダーよりも重要になってくるということに他なりません。FXの知識やスキルが身に付いていても、メンタル面 も鍛える必要があります。

専業トレーダーの場合、FXでの損失=生活に影響が出るお金ですから、ストラテジー任せにしていて大丈夫なのだろうかという不安が付いて回ります。そのため、負けが続くとコロコロとストラテジーを変えてしまう、裁量に切り替えてしまう…といった行動を繰り返すうちに、損失が大きくなってしまうことが考えられます。

副業でシストレをする場合のメリット・デメリット

メリット

副業でシストレを行う場合の最大のメリットは、自分の時間を有効に活用できる点です。専業と異なり副業でトレードを行う方は、あくまで本来の仕事があります。忙しい時間の中でトレードするために費やす時間を捻出することは、そう簡単なことではないはずです。

しかし、シストレであればシステムが自動的にエントリーから決済まで行ってくれます。過去の傾向を分析した精度の高い取引を自動で行ってくれるため、本来の仕事に従事している間に利益を得ることができるのです。

macasoのマカソムリエは、海外市場をメインにしていることも多く、あなたが寝ている時間でも自動で取引を行ってくれます。もちろん、ずっと任せきりにはせず、通勤時の移動時間、家事の合間などのスキマ時間を使って定期的にマカソムリエの成績をチェックし、入れ替えるようにしましょう。

デメリット

副業でシストレを行う場合のデメリットは、本業の最中もトレード結果が気になる点です。

トレンドや相場に合わせて選んだストラテジーは本当にうまくやってくれているのかと、評価損益が気になってしまうこともあるでしょう。そもそも、トレンドの読みは合っていただろうかと不安になる場合もあります。

このように、副業でFXをやる場合、チャートが気になって本業がおろそかになる可能性があるのがデメリットです。

ストラテジー選びが適切であれば、そうした不安は少なくて済みます。

acasoなら、裁量取引型のマカソムリエ(ストラテジー)をフォローしておけば、トレンドや値動きに合わせてマカソムリエがトレードの判断をしてくれます。

型を学ぶ・夜間の取引が可能=シストレはメリットが多い

忙しくてまとまった時間がなかなか取れない方やFX取引の型を学ぼうと考えている初級者にとって、シストレはメリットが多い取引手法です。

シストレに組み込まれている、または選択するストラテジーは、数多くのトレーダーが考えたロジックに基づいています。自動売買の場合、いつエントリーしていつ決済するのかをストラテジーから学ぶことができるのです。自分自身のトレードスタイルが定まっていないうちは、ストラテジーの動きから、FXの型を学べるでしょう。

もう1つは、寝ている間でも取引ができること。主な為替市場は、ニューヨーク、ロンドン、東京の3つ。東京以外の2つの市場は、時差の関係から、日本の夕方から夜にかけて開きます。より、自分の時間を削ることなくFXを行いたい時は、夜の時間に利益を狙いやすい通貨ペアを選び、システムに任せるといいでしょう。

約60種類の中から自分に合ったストラテジーを選べるmacaso

これからシストレを副業としてスタートしようと考えている方や、普段は忙しくてまとまった時間を投資に費やせない方、専業トレーダーを目指している方にとって、フォロートレードを採用しているmacasoは、おすすめのシストレです。

macasoには約60種類 ものストラテジー(マカソムリエ)が登録されており、その中から自分に合ったものを自由に選択することが可能。自動売買を行うプログラムや裁量取引型のトレーダーなど多彩なマカソムリエがいます。

マカソムリエの売買実績を詳細に確認できることから、これまであまり投資経験がない方でもFXを始めることができます。まずは無料で開設できるデモ口座を利用して、気軽にmacasoを体験してみてはいかがでしょうか。

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
大吉
3
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。