フォロートレードに勝てるかは使い方次第__1_

フォロートレードで勝つには

フォロートレードで勝てるかは使い方次第

フォロートレードはコピートレード、ソーシャルトレードとも言われる、他のトレーダーや売買プログラムをフォロー(選択)して、自分の代わりにトレードの判断をしてもらうFXのサービスのことです。裁量トレードやシストレに次ぐ第3の手法として注目を集めています。 

例えば、フォロートレードを採用している代表的な企業であるmacaso のサービスでは、フォロートレードを採用しているmacasoでは、マカソムリエという厳選された トレーダーや優れた売買システムの両方から選んでフォロー可能。フォローする相手には 熟練のトレーダーもしくは 熟練者がプログラムした自動売買システムが用意されています。つまり、FXを始めたばかりの人でもいきなり ベテランのトレーダーと同様のトレードが可能なのです。

しかし、初心者でも十分に勝てる可能性を秘めたフォロートレードでも、使い方次第では損失を出してしまう可能性があります。ポイントを押さえてうまく活用していきましょう。

フォロートレードで勝てない人の特徴

素人でもすぐ 熟練者と同様のトレードができるというなら何もしなくても勝てる・利益が出せるのでしょうか。実はそう簡単ではないのです。

フォローしたまま放置してしまう

「フォローし始めた時には勝っていたから」とフォローしたまま放置し続けると、そのうち時流に合わなくなり損失を出すことがあります。未来の相場を完璧に読むことは、いくら厳選されたマカソムリエでも難しいのです。その時々に合わせたフォロー先を選択するのが一番望ましいでしょう。そのためにはご自身でも常にFXに関する知識を身につけつけていく必要があります。

システムに任せられずに裁量で取引してしまう

FXを勉強して為替相場のことが分かってくると、自分の裁量でトレードしたくなります。いわゆる裁量トレードというものです。しかし、これが実は危険なことで、中途半端な知識と経験では相場に振り回されて、ほとんどの人が資金を失い退場を余儀なくされます。

フォロートレードにおいて「トレードの判断を任せる」 という選択ができない人は、利益を得ることが難しくなるかもしれません。FXに慣れていない人が裁量でトレードをする場合、どうしても感情に左右されるからです。理由は2つあります。

・「損をしたくないという」心理から、損切ができず大きな損失を招いてしまう
・早く利益を確定し楽になりたいという心理から、わずかな利益でトレードを終えてしまう

結果として損大利少となり、損失が膨らんでいきます。

この心理的偏差 感情的なトレードを乗り越えるための期間が、トレーダーとしても勉強期間だと言われていますが、それにはある程度の勉強代(資金)が必要です。その期間を短縮し勉強代を抑えるためにも、FXに慣れるまでの間、マカソムリエのトレード手法や判断を参考にして、知識やスキルをつけましょう。勉強のために失う資金 を減らすためにも、FXに慣れるまではマカソムリエに任せましょう。 

フォロートレードで勝つには、マカソムリエの特徴を見て選ぶこと

「今」勝っているマカソムリエを選ぶ

フォロートレードで勝つためには勝てるマカソムリエを選ぶことが外せないポイント。そのためには、マカソムリエの実績を確認しましょう。

チェックするのは一定期間の損益グラフ。短期間(数日~10数日間)のものではなく、半年~1年以上の長期の運用成績を確認することが大切です。

なぜなら、相場の世界には勝率100%はありえないためのトレードはとても難しいからです。、 優秀なシステムやプロでも短期間では損失を出すことがありますし、逆に優秀でなくても短期間なら利益を出せることもあるからですあります。長期間にわたって高い勝率を保っているかどうかを確認するようにしましょう。

安心して任せる 信頼できるトレード判断をしてくれるかを検証したうえで、ために、あなたに合った信頼できるマカソムリエをフォローしなければなりません。そこは時間をかけてじっくり選ぶべきなのです。

利益を出しているマカソムリエをフォローする

運用成績が良いことと勝率が良いことは必ずしも同じではありません。例えば勝率が9割だった場合を考えてみましょう。小さな利益を9回出せても、最後の1回で9回分に匹敵する大きな損失を出してしまえば、勝率が良くても利益が出せず、運用成績は良いとは言えません。

逆に勝率が低くても、損失を小さく利益を大きく(損少利大)とれるなら、利益が出せます。ですから勝率が良いからと単純にフォローせず、 利益率もチェックしましょう。

最大ドローダウンを更新しているマカソムリエは避ける

運用成績の次に見なければならない点は、最大ドローダウンを更新しているかどうかという点です。最大ドローダウンの更新は、今の相場に合っていない、似たような値動きを繰り返しているなら同様のドローダウンが起こる可能性があるということ。

ドローダウンはイコール損失の大きさ。最大ドローダウンの幅が大きい、更新している、ということは今選ぶリスクが高いと判断して良いでしょう。

フォロートレードは自分に合っている?適性の見極め方

初心者からの副業FXトレードに挑戦したい人や忙しい人に最適

macasoのフォロートレードのメリットはマカソムリエのトレード判断を活用できること。優れたマカソムリエをフォローすることができれば、あなたがプロと同等になれるまでの時間とお金を節約できます。マカソムリエの知見や判断を活用した売買が行えるため、投資初⼼者や知識も経験も少ない⼈が副業としてFXトレードをする場合、最大のメリットを発揮します。またFXの相場が大きく動く欧米の投資家が参加してくる時間帯は、日本では深夜滞。あなたが寝ている時間でも、刻一刻と変わる世界情勢において、マカソムリエがあなたに代わってトレード判断をしてくれます。

裁量トレードを行いたい人には不向き

逆にフォロートレードに向いていないのは、裁量トレードを行いたい方。自分ですべて考えて実行するFXをしたい方は、フォローしたマカソムリエに任せておくのが難しいためです。FXを学んで相場観を養い、オリジナルなロジック知識や知見を持ってでFXに挑んでみてください。 また、フォロートレードのデメリットとして、あなたの時間とお金を無駄にしない優秀なマカソムリエを見つけるまでに、少し労力が必要なことが挙げられます。

今すぐトレードを始められるmacasoは厳しい審査を通過した優秀なマカソムリエ揃い

macasoであなたのトレードをサポートしてくれるのは、世界中にいる3万人を超えるトレーダーの中から厳しい審査を通った約 60人のマカソムリエ。さまざまな通貨やトレード手法を駆使し優秀な実績を残しているトレーダー、もしくはプログラムです。その中からあなたのトレードスタイルに合ったマカソムリエをフォローすれば、すぐにマカソムリエの投資判断に基づいたトレードを開始できます。

macasoは、クリックひとつで簡単にフォローしたり外したりができます。またマカソムリエごとに、ポジション数やロット数を設定できるので、あなたの資金に応じてさまざまなトレードも可能です。まずは、実際の画面で取引を体験できる無料のデモ口座を開設してみてはいかがでしょうか?

新規顧客向けバナー

あなたにオススメの記事

エキサイトワン株式会社
第一種金融商品取引業、投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第245号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

手数料とリスク  →詳細はこちらをご確認ください
やったー!😄
1
この研究所ではmacaso(マカソ)やFXの分からないこと、難しいところを誰にとっても分かりやすくお伝えできるような記事を配信していきます。金融商品取引法に基づく表示→https://macaso-lab.excite.co.jp/n/n88c621dd803f

こちらでもピックアップされています

FXを学ぶ
FXを学ぶ
  • 27本

FXやシストレに関するお役立ち情報をまとめたマガジンです。FXの 基本的な知識も学べます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。